Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23542 reports
( Participation 455 Orgs )
report count
61816 reports
( compared to the privious fiscal year + 13194 reports )
( Participation 1583 Orgs )
site summary count
126265 reports
( compared to the privious fiscal year + 32078 reports )

裾野市葛山の遺跡群

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21614
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21614
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2013 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告25:裾野市葛山の遺跡群』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2013 『裾野市葛山の遺跡群』静岡県埋蔵文化財センター調査報告25
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 裾野市葛山の遺跡群
Alternative すそのしかずらやまのいせきぐん
Subtitle 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 25
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20130228
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 葛山大端ケⅠ遺跡
Site Name Transcription かずらやまおおばたけいちいせき
Order in book 1
Address 静岡県裾野市葛山
Address Transcription しずおかけんすそのしかずらやま
City Code 22220
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 351225
East Longitude (WGS) 1385324
Research Period
20030708-20061116
Research Space
6367
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
散布地
Main Age
旧石器
縄文
Main Features
礫群
集石
土坑
焼土
遺物集中
Main Foundings
石器
縄文土器
Remark 早期~後期の土器が出土
Site Name 葛山大端ケⅢ遺跡
Site Name Transcription かずらやまおおばたけさんいせき
Order in book 2
Address 静岡県裾野市葛山
Address Transcription しずおかけんすそのしかずらやま
City Code 22220
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 351235
East Longitude (WGS) 1385317
Research Period
20030905-20040220
Research Space
6155
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
散布地
Main Age
旧石器
縄文
Main Features
礫群
土坑
遺物集中
Main Foundings
縄文土器
石器
Remark 早期~後期の土器が出土
Site Name 藤畑遺跡
Site Name Transcription ふじはたいせき
Order in book 3
Address 静岡県裾野市葛山
Address Transcription しずおかけんすそのしかずらやま
City Code 22220
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 351223
East Longitude (WGS) 1385334
Research Period
20030905-20040220
Research Space
800
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
散布地
Main Age
旧石器
縄文
Main Features
土坑
Main Foundings
Remark
Abstract  葛山大端ケⅠ遺跡では、旧石器時代から縄文時代にかけての遺構・遺物が確認されている。旧石器時代の遺構は礫群が1基、縄文時代の遺構は集石7基、土坑17基、焼土2基、遺物集中4ヶ所が検出されている。遺物は土器と石器が主体で、土器は早期から後期のものが出土しており、中期の時期が主体である。石器は石鏃、磨石・敲石類等が出土している。
 葛山大端ケⅢ遺跡も、旧石器時代の礫群が1基と、縄文時代の土坑が13基、遺物集中3ヶ所が確認されている。土器は早期から後期のものが出土しており、早期の時期が主体である。石器は石鏃、磨石・敲石類等、石皿・台石類等が出土している。
 藤畑遺跡からは縄文時代の土坑が1基確認されたのみである。
 これらの遺跡の性格としては、一時的な狩猟のキャンプ地と想定される。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 127
File download : 62

All Events

Similar Reports

Similar Events