奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28119 reports
( Participation 550 Orgs )
report count
88499 reports
( compared to the privious fiscal year + 448 reports )
( Participation 1739 Orgs )
site summary count
136192 reports
( compared to the privious fiscal year + 526 reports )
現在の文化財論文件数
1227 reports
( compared to the privious fiscal year + 410 reports )
video count
425 reports
( compared to the privious fiscal year + 14 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
513 reports
( compared to the privious fiscal year + 5 reports )
※過去開催分含む

特別史跡高松塚古墳発掘調査報告

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21573
引用表記 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所他 2017 『国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策事業報告書1:特別史跡高松塚古墳発掘調査報告』独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所他
独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所他 2017 『特別史跡高松塚古墳発掘調査報告』国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策事業報告書1
File
3次元画像
Title 特別史跡高松塚古墳発掘調査報告
Participation-organizations 奈良文化財研究所 - 奈良県
Store Page https://www.nabunken.go.jp/publication/goods.html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative とくべつしせきたかまつづかこふんはっくつちょうさ
Subtitle 高松塚古墳石室解体事業にともなう発掘調査
Volume
Series 国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策事業報告書
Series Number 1
Author
Editorial Organization
独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
文化庁
Publisher
独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
奈良県立橿原考古学研究所
明日香村教育委員会
文化庁
Publish Date 20170531
Publisher ID
ZIP CODE 6308577
TEL 0742306753
Aaddress 奈良県奈良市佐紀町247番1号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
文化庁 : 〒100-8959 東京都千代田区霞が関3丁目2番2号, Tel. 03 - 5253 - 4111
奈良県立橿原考古学研究所 : 〒634 - 0065 奈良県橿原市畝傍町1番地, Tel. 0744 - 24 - 1101
明日香村教育委員会 : 〒634 - 0141 奈良県高市郡明日香村大字川原91 - 3, Tel. 0744 - 54 - 5600
所収論文
Site
Site Name 特別史跡高松塚古墳
Site Name Transcription とくべつしせきたかまつづかこふん
Order in book
Address 奈良県高市郡明日香村大字平田字高松
Address Transcription ならけんたかいちぐんあすかむらおおあざひらたあざたかまつ
City Code 29402
Site Number 17-A-16
North Latitude (JGD) 342732
East Longitude (JGD) 1354832
North Latitude (WGS) 342744
East Longitude (WGS) 1354822
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.462222 135.806111
Research Period
20061002-20070907
20080213-20080220
20080701-20090611
Research Space
493
Research Causes 国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策事業(石室解体および仮整備事業)
OverView
Site Type
古墳
Main Age
古代(細分不明)
中世(細分不明)
Main Features
石室
墳丘
周溝
暗渠
水準杭
小穴
Main Foundings
ガラス玉
須恵器
土師器
瓦器
Remark 国宝壁画の恒久保存対策事業にともない、石室および墳丘の細部構造を調査・記録した。終末期古墳の構造や構築過程の詳細があきらかとなり、古代の土木・石工技術の理解においても重要な所見が得られた。また、地震に よる石室・墳丘の損傷状況、石室や保存施設周辺の汚損状況もあきらかとなり、壁画の劣化原因の解明につながる手がかりが得られた。

主な時代:飛鳥から中世
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 1367
File download : 1886

All Events

外部出力