奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
29927 reports
( Participation 597 Orgs )
report count
112525 reports
( compared to the privious fiscal year + 24565 reports )
( Participation 1858 Orgs )
site summary count
138579 reports
( compared to the privious fiscal year + 2686 reports )
現在の文化財論文件数
21398 reports
( compared to the privious fiscal year + 20581 reports )
video count
669 reports
( compared to the privious fiscal year + 259 reports )
( Participation 65 Orgs )
文化財イベント件数
590 reports
( compared to the privious fiscal year + 82 reports )
※過去開催分含む

中城御殿跡(首里高校内)

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21500
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21500
引用表記 沖縄県立埋蔵文化財センター 2017 『沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書93:中城御殿跡(首里高校内)』沖縄県立埋蔵文化財センター
沖縄県立埋蔵文化財センター 2017 『中城御殿跡(首里高校内)』沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書93
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=慎吾|last=亀島|first2=和輝|last2=平良|first3=淳一|last3=宮城|first4=皓平|last4=大堀|first5=耐二|last5=黒住|first6=広土|last6=高宮|first7=|last7=パリノ・サーヴェイ株式会社|title=中城御殿跡(首里高校内)|origdate=2017-07-31|date=2017-07-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/21500|location=沖縄県中頭郡西原町字上原193-7|ncid=AA11904961|ncid=BB24540397|doi=10.24484/sitereports.21500|series=沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書|volume=93}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 中城御殿跡(首里高校内)
Participation-organizations 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Alternative なかぐすくうどぅんあと しゅりこうこうない
Subtitle 首里高校校舎改築に伴う発掘調査
Volume
Series 沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 93
Author
Editorial Organization
沖縄県立埋蔵文化財センター
Publisher
沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date 20170731
Publisher ID 470007
ZIP CODE 9030125
TEL 0988358752
Aaddress 沖縄県中頭郡西原町字上原193-7
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 中城御殿跡(首里高校内)
Site Name Transcription なかぐすくうどぅんあと(しゅりこうこうない)
Order in book
Address 沖縄県那覇市首里真和志町 2丁目
Address Transcription おきなわけんなはししゅりまわしちょう 2ちょうめ
City Code 472018
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 261310
East Longitude (WGS) 1274245
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 26.219444 127.7125
※初期画面を表示しますので、該当場所に直接遷移しません。
Research Period
20130729-20150227
Research Space
5230
Research Causes 首里高校校舎改 築に伴う発掘調 査
OverView
Site Type
城館
Main Age
近世(細分不明)
近代(細分不明)
グスク
Main Features
柱穴
土坑
石組土坑
石積
一括廃棄遺物
柱穴
階段状遺構
石敷き
井戸
集石遺構
石列
Main Foundings
中国産陶磁器
東南アジア産陶磁器
石製品
ガラス製品
本土産陶磁 器
沖縄産無釉陶器
沖 縄産施釉陶器
石製品
骨製品
貝製品
青銅製品
金属製品
明朝系瓦
土器
Remark 中城御殿創建以前のグスク時代の遺構を検出した。近世は検出した遺構や造成土の状況から3つに区分することが出来た。中城御殿移転後の遺構も確認され、首里高校に関連する遺構及び遺物が見られた。 


種別:屋敷跡
主な時代:グスク時代 近世 近代~現代
Abstract 中城御殿は国王の世子が暮らした邸宅跡で、近世初期に創建され、1875(明治8)年に那覇市首
里大中町の龍潭池の北側に移転した。移転後の当地は、沖縄県立第一中学校を経て、現在の首里高校となっている。
 首里高校校舎改築に伴い実施された発掘調査である。当初、記録保存調査として実施していたが、関係機関と調整を行い、一部の遺構を除き現地保存が決定した。
 調査の結果、グスク時代、近世、近代~現代の遺構、遺物を確認した。グスク時代の遺構は柱穴や石組土坑がある。近世の遺構は中城御殿が機能していた時期の石積みや井戸など多種多様な遺構及び遺物を確認した。近代~現代の遺構は、首里高校校舎等に関連する遺構が確認された。
 近世及びグスク時代の遺構は、遺構上部に造成土が覆う状況が確認され、遺構内に廃棄された遺物が後世の撹乱等を受けず保存状態が良かった。各種陶磁器等がまとまった状況で確認されたことから、遺構の年代観や遺構に伴う造成土の年代観を把握することができた。上記のことから中城御殿創建以前の状況や中城御殿の屋敷配置や平場拡張時期などを検討する上でも、重要な成果といえる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 1043
File download : 2485

All Events

外部出力