奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
25047 reports
( Participation 492 Orgs )
report count
69400 reports
( compared to the privious fiscal year + 676 reports )
( Participation 1688 Orgs )
site summary count
132261 reports
( compared to the privious fiscal year + 1415 reports )

薬師堂東遺跡II

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21302
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21302
引用表記 仙台市教育委員会 2016 『仙台市文化財調査報告書443:薬師堂東遺跡II11』仙台市教育委員会
仙台市教育委員会 2016 『薬師堂東遺跡II11』仙台市文化財調査報告書443
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 薬師堂東遺跡II
Participation-organizations 仙台市 - 宮城県
Store Page http://www.city.sendai.jp/sebikatsuyo/kurashi/manabu/kyoiku/inkai/bunkazai/kankobutsu/kankobutsu.html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative やくしどうひがしいせき2
Subtitle 仙台市高速鉄道東西線関係遺跡発掘調査報告書
Volume 11
Series 仙台市文化財調査報告書
Series Number 443
Author
Editorial Organization
仙台市教育委員会
Publisher
仙台市教育委員会
Publish Date 20160331
Publisher ID 041009
ZIP CODE 9800011
TEL
Aaddress 仙台市青葉区上杉1-5-12 仙台市役所上杉分庁舎
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 薬師堂東遺跡
Site Name Transcription やくしどうひがしいせき
Order in book
Address 宮城県仙台市若林区木ノ下3丁目地内
Address Transcription みやぎけんせんだいしわかばやしくきのした3ちょうめちない
City Code 041009
Site Number 01567
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 381459
East Longitude (WGS) 1405419.08
Research Period
20100510-20110113
20110613-20120130
Research Space
4623
Research Causes 仙台市高速鉄道東西線建設事業に伴う発掘調査
OverView
Site Type
その他の生産遺跡
Main Age
平安
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
竪穴住居跡(平安)
掘立柱建物跡(平安)
梵鐘鋳造遺構(平安)
鋳造関連遺構(平安)
掘立柱建物跡(中世)
井戸跡(中世)
墓跡(近世)
土坑(近世)
Main Foundings
土師器
須恵器
鋳型
溶解炉
陶器
磁器
銭貨
石製品
Remark 墓跡群を検出(近世)。庇付掘立柱建物跡を含む建物群を検出(中世)。梵鐘鋳造遺構を含む鋳造関連遺構群を検出。龍頭鋳型が出土(平安)。

種別:建物跡 工房跡 墓跡
Abstract  薬師堂東遺跡は宮城野海岸平野の西端部、陸奥国分寺跡の南東に隣接する。
 近世の遺構は、南北方向に配置される墓跡を検出した。近世の絵図からこれら墓跡は薬師堂を中心に広がっていた坊に伴う墓域であったと考えられる。
 中世の遺構は、庇付掘立柱建物を含む建物群を南北で2群検出した。中世の陸奥国分寺の寺域に係る建物群と考えられる。
 古代の遺構は、9世紀後半の梵鐘鋳造遺構・精錬遺構を含む鋳造関連遺構、9世紀前半から10世紀前半の竪穴住居跡が検出された。梵鐘鋳造遺構は構築方法が確認できる状態で底型が残存しており、古代の梵鐘の鋳造を考える上で良好な資料である。また、梵鐘鋳造に係る遺物として龍頭の鋳型が出土している。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 183
File download : 261

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events