奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
25026 reports
( Participation 491 Orgs )
report count
69382 reports
( compared to the privious fiscal year + 658 reports )
( Participation 1688 Orgs )
site summary count
132126 reports
( compared to the privious fiscal year + 1394 reports )

西台畑遺跡第9次調査

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21300
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21300
引用表記 仙台市教育委員会 2016 『仙台市文化財調査報告書441:西台畑遺跡第9次調査』仙台市教育委員会
仙台市教育委員会 2016 『西台畑遺跡第9次調査』仙台市文化財調査報告書441
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 西台畑遺跡第9次調査
Participation-organizations 仙台市 - 宮城県
Store Page http://www.city.sendai.jp/sebikatsuyo/kurashi/manabu/kyoiku/inkai/bunkazai/kankobutsu/kankobutsu.html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative にしだいばたけ いせき だい9じ ちょうさ
Subtitle 仙台市あすと長町17街区・集合住宅建設に伴う発掘調査報告書
Volume
Series 仙台市文化財調査報告書
Series Number 441
Author
Editorial Organization
仙台市教育委員会
Publisher
仙台市教育委員会
Publish Date 20160331
Publisher ID 041009
ZIP CODE 9808671
TEL
Aaddress 宮城県仙台市青葉区上杉1丁目5番12号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 西台畑遺跡
Site Name Transcription にしだいばたけいせき
Order in book
Address 宮城県仙台市太白区あすと長町土地区画整理事業地内17街区3画地
Address Transcription みやぎけんせんだいしたいはくくあすとながまちとちくかくせいりじぎょうちない17がいく3かくち
City Code 041009
Site Number 01005
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 381329
East Longitude (WGS) 1405319
Research Period
20130717-20140806
Research Space
2825
Research Causes 集合住宅建設に伴う発掘調査
OverView
Site Type
集落
田畑
散布地
Main Age
縄文
弥生
古墳
飛鳥白鳳
奈良
平安
中世(細分不明)
Main Features
水田跡(弥生)
竪穴住居跡
掘立柱建物跡
溝跡
土坑(古墳~奈良)
溝跡
井戸(平安~中世)
Main Foundings
縄文土器
弥生土器
石器
土師器
須恵器
陶磁器
Remark 縄文時代後期~晩期の土器が出土。弥生時代中期前葉~中葉の土器が出土。弥生時代中期の水田跡。古墳時代前期の集落。郡山遺跡の官衙に関連する集落とそれ以前の時期の集落


種別:包含地 生産域 居住域
主な時代:縄文 弥生 古墳~奈良 平安~中世
Abstract  西台畑遺跡は、昭和32(1957)年に煉瓦工場敷地内での粘土採掘中に弥生土器が出土したことを契機として発見され、弥生時代中期の土器編年や葬制を考える上で学史的にも広く知られる遺跡である。
 発掘調査の結果、縄文時代から中世に至るまでの遺物・遺構が検出された。
 基本層VIIa層とVIIc1層では水田跡が確認され、弥生時代の生産域の広がりが確認された。基本層IV~VII層からは弥生土器、X層からは縄文土器が出土した。土器の器形や文様等の特徴から、出土遺物は縄文時代後期~晩期、弥生時代中期前葉~中葉に位置づけられる。
 基本層IV層上面では、古墳時代前期の竪穴住居跡と、古墳時代後期から終末期の居住域を確認した。古墳時代後期~終末期の遺構と遺物は大別3時期、細別4時期に変遷が確認され、最後の段階では、竪穴住居跡から掘立柱建物跡へと遺構が変遷する様子が明らかとなった。その他、灰白色火山灰の堆積する河川跡を検出している
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 156
File download : 197

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events