奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
25026 reports
( Participation 491 Orgs )
report count
69382 reports
( compared to the privious fiscal year + 658 reports )
( Participation 1688 Orgs )
site summary count
132126 reports
( compared to the privious fiscal year + 1394 reports )

長町駅東遺跡第5・6・7・9 次調査

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21279
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21279
引用表記 仙台市教育委員会 2014 『仙台市文化財調査報告書421:長町駅東遺跡第5・6・7・9 次調査9』仙台市教育委員会
仙台市教育委員会 2014 『長町駅東遺跡第5・6・7・9 次調査9』仙台市文化財調査報告書421
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 長町駅東遺跡第5・6・7・9 次調査
Participation-organizations 仙台市 - 宮城県
Store Page http://www.city.sendai.jp/sebikatsuyo/kurashi/manabu/kyoiku/inkai/bunkazai/kankobutsu/kankobutsu.html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative ながまちえきひがしいせきだい5・6・7・9じちょうさ
Subtitle 仙台市あすと長町土地区画整理事業関係遺跡発掘調査報告書
Volume 9
Series 仙台市文化財調査報告書
Series Number 421
Author
Editorial Organization
仙台市教育委員会
Publisher
仙台市教育委員会
Publish Date 20140314
Publisher ID 041009
ZIP CODE 9800811
TEL 0222148899
Aaddress 仙台市青葉区一番町4-1-25
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 長町東遺跡 第5・6・7・9次
Site Name Transcription ながまちひがしいせき
Order in book
Address 宮城県仙台市太白区長町六丁目地内他
Address Transcription みやぎけんせんだいしたいはくくながまちろくちょうめちないほか
City Code 04100
Site Number 01449
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 381256
East Longitude (WGS) 1405308
Research Period
20050913-20051130
20060710-20061119
20070528-20070827
20080416-20081225
Research Space
990
1680
3340
2600
Research Causes 土地区画整理事業に伴う発掘調査
OverView
Site Type
散布地
Main Age
縄文
Main Features
Main Foundings
縄文土器
Remark 縄文時代後期後葉の土器が出土。

種別:包含地
Site Type
集落
散布地
Main Age
弥生
Main Features
Main Foundings
弥生土器
石器
Remark 弥生時代中期中葉の土器が出土。
種別:包含地
種別 : 居住地
Site Type
集落
Main Age
古墳
古代(細分不明)
Main Features
竪穴住居跡
掘立柱建物跡
材木列跡
Main Foundings
土師器
須恵器
金属製品
Remark 郡山I・II期官衙関連。

種別:居住地

主な時代:古墳から古代
Site Type
田畑
Main Age
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
小溝状遺構
溝跡
井戸跡
Main Foundings
陶器
磁器
木製品
Remark 小溝状遺構には耕作痕と思われるものと天地返し痕と思われるものが混在。

種別:耕作地

主な時代:中世から近世
Abstract  長町駅東遺跡は、郡山I・II期官衙に関連する居住域と考えられ、大型溝や材木列などの区画施設を伴う。今回の調査では河川跡に沿うかたちで新たな材木列跡が検出され、竪穴住居跡の検出状況とあわせてこれが居住域の南限を示すものと考えられる。居住域の形成は古墳時代中期の引田式期に遡り、郡山II期官衙の機能が多賀城に移転した後も8世紀末葉まで存続する。この段階になると、竪穴住居跡に代わり掘立柱建物跡が主体を占めるようになる。出土遺物には、円面硯や瓦といった官衙や郡山廃寺との関連を示すものがある。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 501
File download : 238

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events