奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
25026 reports
( Participation 491 Orgs )
report count
69382 reports
( compared to the privious fiscal year + 658 reports )
( Participation 1688 Orgs )
site summary count
132126 reports
( compared to the privious fiscal year + 1394 reports )

南小泉遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21277
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21277
引用表記 仙台市教育委員会 2014 『仙台市文化財調査報告書419:南小泉遺跡』仙台市教育委員会
仙台市教育委員会 2014 『南小泉遺跡』仙台市文化財調査報告書419
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 南小泉遺跡
Participation-organizations 仙台市 - 宮城県
Store Page http://www.city.sendai.jp/sebikatsuyo/kurashi/manabu/kyoiku/inkai/bunkazai/kankobutsu/kankobutsu.html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative みなみこいずみ いせき
Subtitle 第67次発掘調査報告書
Volume
Series 仙台市文化財調査報告書
Series Number 419
Author
Editorial Organization
仙台市教育委員会
Publisher
仙台市教育委員会
Publish Date 20140228
Publisher ID 041009
ZIP CODE 9800811
TEL 0222148899
Aaddress 仙台市青葉区一番町4-1-25
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 南小泉遺跡 第67次
Site Name Transcription みなみこいずみいせき
Order in book
Address 宮城県仙台市若林区遠見塚一丁目
Address Transcription みやぎけんせんだいしわかばやしくとおみづかいっちょうめ
City Code 04100
Site Number 01021
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 381414
East Longitude (WGS) 1405448
Research Period
20121001-20130129
Research Space
782.5
Research Causes 民間宅地開発
OverView
Site Type
散布地
Main Age
弥生
古墳
古代(細分不明)
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
竪穴住居跡
溝跡
土坑(古墳)
竪穴住居跡
土坑(古代)
柱列跡
掘立柱建物跡
溝跡
土坑
井戸跡
ピット(中世
近世)
Main Foundings
弥生土器
土師器
須恵器
石製模造品
管玉
土製勾玉
土玉
紡錘車
ガラス管玉
軒丸瓦
丸瓦
青磁
陶器
瓦質土器
土師質土器
和釘
Remark 古墳時代の竪穴住居跡21軒を検出した。竪穴住居跡の床面から、鉄鎌が出土した(古代)。区画溝及びその内部で掘立柱建物跡3棟と柱列跡1列を検出した(中世・近世)。
種別 : 遺物散布地
Site Type
集落
Main Age
Main Features
Main Foundings
Remark
Site Type
集落
Main Age
Main Features
Main Foundings
Remark
Site Type
城館
Main Age
Main Features
Main Foundings
Remark 種別 : 屋敷跡
Abstract  掘立柱建物跡4棟、柱列跡1列、竪穴住居跡22軒、溝跡30条、土坑42基、井戸跡1基、性格不明遺構3基、ピット593基を調査した。
 古墳時代中期から後期の竪穴住居跡を21軒を検出した。
 古代の竪穴住居跡を1軒検出し、その床面から鉄鎌が出土した。
 中近世の屋敷跡は、13世紀後半から17世紀前半にかけてのものである。区画溝跡の内部では建物の建て替えが行われている。掘立柱建物跡は、礎板に川原石を使用する東西棟の建物である。区画溝跡には、橋脚が設けられている。屋敷跡及び区画溝跡から、龍泉窯青磁などの中世陶器・磁器が出土した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 162
File download : 107

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events