奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
26390 reports
( Participation 520 Orgs )
report count
70903 reports
( compared to the privious fiscal year + 2224 reports )
( Participation 1692 Orgs )
site summary count
134822 reports
( compared to the privious fiscal year + 3755 reports )
video count
256 reports
( compared to the privious fiscal year + 256 reports )
( Participation 28 Orgs )

史跡高松城跡(地久櫓台石垣整備)

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/20892
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.20892
引用表記 高松市教育委員会 2016 『高松市埋蔵文化財調査報告166:史跡高松城跡(地久櫓台石垣整備)第8冊』
高松市教育委員会 2016 『史跡高松城跡(地久櫓台石垣整備)第8冊』高松市埋蔵文化財調査報告166
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 史跡高松城跡(地久櫓台石垣整備)
Alternative しせきたかまつじょうあと(ちきゅうやぐらだいいしがきせいび)
Subtitle 史跡高松城跡整備報告書
Volume 第8冊
Series 高松市埋蔵文化財調査報告
Series Number 166
Author
Editorial Organization
高松市教育委員会
Publisher
Publish Date 20160331
Publisher ID 37201
ZIP CODE 7608571
TEL 0878392660
Aaddress 香川県高松市番町一丁目8番15号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 史跡高松城跡
Site Name Transcription しせきたかまつじょうあと
Order in book
Address 香川県高松市玉藻町
Address Transcription かがわけんたかまつしたまもちょう
City Code 372013
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 342059
East Longitude (WGS) 1340258
Research Period
19980401-20150315
Research Space
234
Research Causes 史跡整備
OverView
Site Type
城館
Main Age
近世(細分不明)
近代(細分不明)
Main Features
Main Foundings
土師器
陶磁器
石造物
土師器
陶磁器
Remark 地久櫓台石垣の解体・修理
Abstract 史跡高松城の地久櫓台石垣は、高松城内の石垣の中でも最も崩壊の危険性が高く、崩壊した際の人的被害や景観への影響も懸念されたことから、平成10~15年度にかけて解体工事を実施し、24~26年度に積直し工事を実施した。解体範囲は南面では根石付近まで及ぶ、大規模なものである。
解体に伴う発掘調査成果から、天守台とほぼ同時期(17世紀初頭か)に構築されたことが判明し、本丸の築造開始時期を検討する重要な定点となった。また、穴蔵(地下室)が検出され、その埋没の過程や上部建造物の改変についても明らかになった。
石垣修理工事としては、高松城跡における石垣修理事業の嚆矢となる事業であり、高松城の石垣整備における始点として、その後の修理事業との比較検討を行い、石垣修理事業の展開を位置づけることができた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 279
File download : 608

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events