奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
26394 reports
( Participation 520 Orgs )
report count
70914 reports
( compared to the privious fiscal year + 2236 reports )
( Participation 1692 Orgs )
site summary count
134838 reports
( compared to the privious fiscal year + 3774 reports )
video count
258 reports
( compared to the privious fiscal year + 258 reports )
( Participation 28 Orgs )

長野県松本市殿村遺跡第7次発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/19388
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.19388
引用表記 松本市教育委員会 2017 『松本市文化財調査報告229:長野県松本市殿村遺跡第7次発掘調査報告書』松本市教育委員会
松本市教育委員会 2017 『長野県松本市殿村遺跡第7次発掘調査報告書』松本市文化財調査報告229
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 長野県松本市殿村遺跡第7次発掘調査報告書
Alternative ながのけんまつもとしとのむらいせきだい7じはっくつちょうさほうこくしょ
Subtitle
Volume
Series 松本市文化財調査報告
Series Number 229
Author
Editorial Organization
松本市教育委員会
Publisher
松本市教育委員会
Publish Date 20170327
Publisher ID 20202
ZIP CODE 3908620
TEL 0263343000
Aaddress 松本市丸の内3番7号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 殿村遺跡
Site Name Transcription とのむらいせき
Order in book
Address 長野県松本市会田536外
Address Transcription ながのけんまつもとしあいだ536ほか
City Code 20202
Site Number 1023
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 362112
East Longitude (WGS) 1375934
Research Period
20150518-20151106
Research Space
174
Research Causes 範囲・内容確認調査
OverView
Site Type
集落
城館
社寺
散布地
Main Age
縄文
Main Features
なし
Main Foundings
石器
石製品
Remark 保存目的のための範囲・内容確認調査
Site Type
集落
城館
社寺
散布地
Main Age
古代(細分不明)
Main Features
なし
Main Foundings
土師器
黒色土器
須恵器
灰釉陶器
Remark
Site Type
集落
城館
社寺
散布地
Main Age
中世(細分不明)
Main Features
ピット55基
土坑9基
礎石2基
竪穴状遺構1基
炉址
焼土面3基
炭集中2基
溝状遺構5基
池1基
掘立柱建物2棟
礎石建物址3棟
柱列2基
石列7基
石敷1基
石積1基
土塁1基
Main Foundings
土師質土器(皿
内耳鍋)
炻器(常滑甕
中津川甕
須恵質擂鉢)
瓦質土器(風炉
火鉢)
東海系無釉陶器(山茶碗)
瀬戸産施釉陶器(天目茶碗
茶入
擂鉢他)
輸入陶磁器(青磁碗
香炉
白磁碗
青花皿
天目茶碗)
砥石
石臼
銅銭
銅鏡
斎串状木製品
下駄
Remark
Abstract 殿村遺跡調査事業に係る中世を対象とした遺跡の範囲内容確認調査として、7回目の実施となるもの。1次調査で確認された中世の平場遺構南西部(7A1トレンチ)からは、整地遺構面が8 面検出され、15世紀に築造された石積・土塁で区画する池状遺構が段階的に埋め立てられ平場が拡張されていく状況が捉えられた。長安寺本堂跡地(7E1トレンチ)では、14~15世紀代の遺構面2面からなる平場跡が検出され、堂的な建物とみられる礎石建物に加え、庭園に伴う池とみられる遺構を検出した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 680
File download : 212

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events