奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28155 reports
( Participation 551 Orgs )
report count
88558 reports
( compared to the privious fiscal year + 508 reports )
( Participation 1739 Orgs )
site summary count
136289 reports
( compared to the privious fiscal year + 627 reports )
現在の文化財論文件数
1232 reports
( compared to the privious fiscal year + 415 reports )
video count
426 reports
( compared to the privious fiscal year + 15 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
513 reports
( compared to the privious fiscal year + 5 reports )
※過去開催分含む

窟屋1号墳

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/19203
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.19203
引用表記 兵庫県立考古博物館 2009 『兵庫県文化財調査報告353:窟屋1号墳』兵庫県教育委員会
兵庫県立考古博物館 2009 『窟屋1号墳』兵庫県文化財調査報告353
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 窟屋1号墳
Participation-organizations 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
Alternative いわや1ごうふん
Subtitle (主)平野三木線緊急道路整備事業に伴う発掘調査報告書
Volume
Series 兵庫県文化財調査報告
Series Number 353
Author
Editorial Organization
兵庫県立考古博物館
Publisher
兵庫県教育委員会
Publish Date 20090323
Publisher ID
ZIP CODE 6520032
TEL
Aaddress 神戸市中央区下山手通5丁目10番1号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
遺跡調査番号:2000368
遺跡調査番号:2001067
遺跡調査番号:2002136
所収論文
タイトル 金銅装単鳳環頭大刀について
英語タイトル
著者
池田 征弘
ページ範囲 53 - 56
NAID
都道府県 Hyogo Prefecture
時代
抄録(内容要約)
タイトル 「オケ・ヲケ伝承」と窟屋1号墳
英語タイトル
著者
池田 征弘
ページ範囲 58 - 61
NAID
都道府県 Hyogo Prefecture
時代
抄録(内容要約)
Site
Site Name 窟屋1号墳
Site Name Transcription いわや1ごうふん
Order in book
Address 三木市志染町窟屋
Address Transcription みきししじみちょういわや
City Code 282154
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 344733
East Longitude (WGS) 1350236
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.7925 135.043333
Research Period
20010123-20010124
20011005-20011214
20020930-20021017
Research Space
24
343
300
Research Causes (主)平野三木線緊急道路整備事業
OverView
Site Type
古墳
Main Age
古墳
Main Features
横穴式石室
Main Foundings
金銅製環頭大刀柄頭
鉄鏃
鉄製馬具
貝製飾金具
鉄釘
耳環
須恵器
土師器
縄文土器
石錘
Remark
Abstract 窟屋1 号墳は長径18m 、短径16m のやや楕円形を呈する6 世紀後葉の円墳で、埋葬施設は横穴式石室である。石室は無袖で、全長は10 .85m 、奥壁幅は1.60m である。石室内からは盗掘を受けていたものの、須恵器・土師器や馬具・鉄鏃・鉄釘などの金属製品が出土し、墓道の埋土からは金銅製単鳳環頭大刀柄頭が出土している。古墳の規模や装飾大刀、貝製飾金具をもつ馬装の保有から被葬者は中ランクの首長であり、鉄釘の型式から大和盆地西南部と関連の深い人物と考えられる。窟屋1 号墳の被葬者は『日本書紀』に記載される「縮見屯倉」の管理者である「忍海部造」のような人物が想定できる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 466
File download : 444

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events