奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27136 reports
( Participation 529 Orgs )
report count
86891 reports
( compared to the privious fiscal year + 18254 reports )
( Participation 1726 Orgs )
site summary count
135857 reports
( compared to the privious fiscal year + 4700 reports )
video count
348 reports
( compared to the privious fiscal year + 348 reports )
( Participation 35 Orgs )
文化財イベント件数
487 reports
( compared to the privious fiscal year + 72 reports )
※過去開催分含む

宇波ヨシノヤ中世墓群

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/19067
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.19067
引用表記 氷見市教育委員会他 2014 『氷見市埋蔵文化財調査報告64:宇波ヨシノヤ中世墓群』氷見市教育委員会
氷見市教育委員会他 2014 『宇波ヨシノヤ中世墓群』氷見市埋蔵文化財調査報告64
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 宇波ヨシノヤ中世墓群
Participation-organizations 氷見市 - 富山県
Alternative うなみよしのやちゅうせいぼぐん
Subtitle 能越自動車道七尾氷見道路整備事業に伴う発掘調査報告
Volume
Series 氷見市埋蔵文化財調査報告
Series Number 64
Author
Editorial Organization
氷見市教育委員会
株式会社イビソク北陸支店
Publisher
氷見市教育委員会
Publish Date 20140320
Publisher ID 16205
ZIP CODE 9350016
TEL 0766748215
Aaddress 富山県氷見市本町4番9号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 宇波ヨシノヤ中世墓群
Site Name Transcription うなみよしのやちゅうせいぼぐん
Order in book
Address 富山県氷見市宇波
Address Transcription とやまけんひみしうなみ
City Code 16205
Site Number 398
North Latitude (JGD) 365520
East Longitude (JGD) 1370028
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 36.9253 137.0047
Research Period
20130708-20130829
Research Space
29
Research Causes 能越自動車道建設工事
OverView
Site Type
Main Age
中世(細分不明)
Main Features
石組墓
集石遺構
Main Foundings
五輪塔
板碑
珠洲焼
土師器皿
須恵器
Remark SZ3出土人骨は火葬骨であった。放射性炭素年代測定の結果、13世紀後半~14世紀後半の年代が得られた。
Abstract  1区では狭小な平坦面に楕円形状に盛られた小円礫層を検出した。その下層から円形石組遺構(SZ1~3)を3基検出した。このうちSZ3には火葬骨が埋葬されており、分析の結果、15歳以上の人骨であった。性別は不明である。また、放射性炭素年代測定の結果からは、死亡時期が13世紀後半~14世紀後半であることがわかった。SZ1・2からは年代や性格を示す遺物は出土していないが、それらがSZ3と近接していることと、SZ1~3全体を小円礫で覆い被せている状況から、いずれも近親者の墓壙と考えられる。
 2区では集石遺構(SX4)を検出したが、下層から近・現代遺物が出土したことから、昭和時代に周辺に散在していた石材や陶器・石造物を寄せ集めたものであることがわかった。遺構内には蔵骨器の可能性を持つ珠洲焼片のほか、多数の五輪塔部材が含まれていたことから、周辺には複数の中世墓が存在した可能性がうかがえる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 304
File download : 116

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events