奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27136 reports
( Participation 529 Orgs )
report count
86890 reports
( compared to the privious fiscal year + 18253 reports )
( Participation 1726 Orgs )
site summary count
135856 reports
( compared to the privious fiscal year + 4699 reports )
video count
348 reports
( compared to the privious fiscal year + 348 reports )
( Participation 35 Orgs )
文化財イベント件数
487 reports
( compared to the privious fiscal year + 72 reports )
※過去開催分含む

富山市若竹町遺跡発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/18911
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.18911
引用表記 有限会社毛野考古学研究所富山支所 2015 『富山市埋蔵文化財調査報告74:富山市若竹町遺跡発掘調査報告書』富山市教育委員会埋蔵文化財センター
有限会社毛野考古学研究所富山支所 2015 『富山市若竹町遺跡発掘調査報告書』富山市埋蔵文化財調査報告74
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 富山市若竹町遺跡発掘調査報告書
Participation-organizations 富山市 - 富山県
Alternative とやましわかたけちょういせきはっくつちょうさほうこくしょ
Subtitle (仮称)熊野コミュニティセンター(公民館)建設工事に伴う埋蔵文化財発掘調査
Volume
Series 富山市埋蔵文化財調査報告
Series Number 74
Author
Editorial Organization
有限会社毛野考古学研究所富山支所
Publisher
富山市教育委員会埋蔵文化財センター
Publish Date 20150316
Publisher ID 16201
ZIP CODE 9300091
TEL 0764424246
Aaddress 富山県富山市愛宕町1-2-24
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 若竹町遺跡
Site Name Transcription わかたけちょういせき
Order in book
Address 富山県富山市若竹町・悪王寺・森田・吉岡
Address Transcription とやまけんとやましわかたけちょう・あくおうじ・もりた・よしおか
City Code 16201
Site Number 2010684
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 363751
East Longitude (WGS) 1371315
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 36.630833 137.220833
Research Period
20140818-20140830
Research Space
109
Research Causes (仮称)熊野コミュニティセンター(公民館)建設
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
古墳
奈良
平安
Main Features
縄文-竪穴建物
Main Foundings
縄文-縄文土器
Remark
Site Type
Main Age
Main Features
古墳-竪穴建物
Main Foundings
古墳-土師器
Remark
Site Type
Main Age
Main Features
奈良
平安-竪穴建物
土坑
畑跡
Main Foundings
奈良
平安-土師器
須恵器
Remark
Abstract 縄文時代は、後期の竪穴建物1棟を検出し、熊野川右岸に新たに形成される後・晩期集落の一例となった。
古墳時代は、試掘調査で検出した前期の竪穴建物1棟に加え、後期の溝1条を検出し、古墳時代の集落の存在が確実となった。
奈良・平安時代は、竪穴建物2棟・土坑1基・畑跡を検出した。9世紀を主体とし、一部は10世紀まで下る集落遺跡である。集落は熊野川右岸に竪穴建物が小規模に点在し、背後に畑跡が広がる景観が想定された。畑跡は畝方向を変えながら継続して営まれていた。熊野川左岸の開発拠点集落である任海宮田遺跡に対して、本遺跡や吉岡遺跡、上新保遺跡は熊野川右岸の新規開墾集落である。熊野川流域の新規開墾集落は、畑作が主要な生産基盤のひとつになっており、本遺跡の畑跡はそのような新規開墾集落の一端を示している。
自然科学分析では、土坑出土炭化物のAMS年代測定を実施し、下層炭化物が8世紀後半頃から9世紀後半頃、上層が8世紀後半頃から10世紀後半頃という結果を得た。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 145
File download : 132

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events