奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28079 reports
( Participation 547 Orgs )
report count
88439 reports
( compared to the privious fiscal year + 386 reports )
( Participation 1738 Orgs )
site summary count
136109 reports
( compared to the privious fiscal year + 445 reports )
現在の文化財論文件数
1227 reports
( compared to the privious fiscal year + 410 reports )
video count
420 reports
( compared to the privious fiscal year + 9 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
510 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
※過去開催分含む

川合遺跡(遺構編)図版編

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/1860
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.1860
引用表記 財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所 1989 『静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告21:川合遺跡(遺構編)図版編』財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所 1989 『川合遺跡(遺構編)図版編』静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告21
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 川合遺跡(遺構編)図版編
Participation-organizations 静岡県埋蔵文化財センター - 静岡県
Alternative かわいいせき(いこうへん)ずはんへん
Subtitle 昭和63年度静清バイパス(川合地区)埋蔵文化財調査報告書
Volume
Series 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告
Series Number 21
Author
Editorial Organization
財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
Publisher
財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
Publish Date 19890330
Publisher ID 22001
ZIP CODE 4240044
TEL 0543671171
Aaddress 静岡県清水市江尻台町18-5
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 川合遺跡
Site Name Transcription かわいいせき
Order in book 1
Address 静岡県静岡市川合
Address Transcription しずおかけんしずおかしかわい
City Code 22101
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 350027
East Longitude (WGS) 1382442
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.0075 138.411666
Research Period
19850507_19870331
19870720_19880213
Research Space
Research Causes 道路建設
OverView
Site Type
集落
田畑
Main Age
弥生
古墳
近世(細分不明)
Main Features
弥生中期:方形周溝墓
住居跡
水路 弥生後期~古墳前期:区画溝
周溝
掘立柱建物
柱穴 古墳中期:住居跡
墳丘墓
水田跡
土塁 古墳中期~後期:旧河川
方形周溝墓
竪穴住居
祭祀跡
畝状小溝群
木組遺構
井堰
水路 古墳後期:水田
畦畔
足跡
溝状遺構
自然流路 江戸:水田
畦畔
土坑群
島畑
Main Foundings
弥生中期:弥生土器
石器(扁平片刃石斧
柱状片刃石斧
太型蛤刃石斧
石斧未製品
砥石
敲石
石材原石他) 弥生後期~古墳前期:弥生土器
土師器
木製品(礎板
農具
工具
容器
組み合わせ式高杯等)
石製品(管玉未製品
石製品未製品他)金属製品(板状鉄斧
鉄鎌
銅鏃
銅環) 古墳中期:土師器
炭化建築材
管玉
ガラス小玉
勾玉
木棺
人骨
土錘
鉄製品
小型仿製鏡 古墳中期~後期:木製品(農具
編錘
容器
柱根
礎板
建築材
箱物
舟形等)
土師器
須惠器
砥石
滑石製模造品(勾玉
臼玉
有孔円板)
骨角製品
自然遺物等  古墳後期:須惠器
土師器
木製品
斎串状板材等 江戸:煙管
銭貨(寛永通寶
鎹等)
木製品等
Remark 注目されるのは、①弥生時代の磨製石斧の製作跡、②古墳時代の玉つくり関連の資料、③古墳時代の水田、④近世の水田である。特に①と②は静岡県では類例が少なく、貴重な成果である。なお、本集は遺構に関する図版(遺構図版編)である。
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 548
File download : 211

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events