Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
24515 reports
( Participation 475 Orgs )
report count
68786 reports
( compared to the privious fiscal year + 20 reports )
( Participation 1684 Orgs )
site summary count
130169 reports
( compared to the privious fiscal year + 26 reports )

押出遺跡第4・5次発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/14928
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.14928
引用表記 公益財団法人山形県埋蔵文化財センター 2014 『山形県埋蔵文化財センター調査報告書212:押出遺跡第4・5次発掘調査報告書』公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター 2014 『押出遺跡第4・5次発掘調査報告書』山形県埋蔵文化財センター調査報告書212
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 押出遺跡第4・5次発掘調査報告書
Participation-organizations Banner (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Alternative おんだしいせきだい4・5じはっくつちょうさほうこくしょ
Subtitle
Volume
Series 山形県埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 212
Author
Editorial Organization
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publisher
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date 20140331
Publisher ID
ZIP CODE 9993246
TEL 0236725301
Aaddress 山形県上山市中山字壁屋敷5608番地
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 押出遺跡 第4・5次
Site Name Transcription おんだしいせき
Order in book
Address 山形県東置賜郡高畠町大字深沼字押出
Address Transcription やまがたけんひがしおきたまぐんたかはたまちおおあざふかぬまあざおんだし
City Code 063819
Site Number 381-313
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 380147
East Longitude (WGS) 1401016
Research Period
20111003-20111118
20121015-20121220
Research Space
1795
Research Causes 国営かんがい排水事業(米沢平野二期)
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
盛土遺構4
流路1
柱穴2
ピット
炭化物集中地点2
石器集中地点1
Main Foundings
縄文土器
彩漆土器
石器
玦状耳飾
石棒
岩板
異形石器
木製品
木胎漆器
篦状木製品
タモ状木製品
木柱
クッキー状炭化物
樹皮
種子
昆虫
Remark  押出遺跡は縄文時代前期後半の大木4式期に限定される、低湿地に営まれた集落跡である。地表下約2mの地点で遺物包含層が検出され、第4次調査では転ばし根太を伴う盛土遺構や流路、第5次調査では木柱群や石器集中地点、クッキー状炭化物を伴う炭化物集中地点などが検出されている。出土遺物は、遺物包含層からの出土が大半で、多量の土器・石器に加えて、彩漆土器・木胎漆器・篦状木製品・タモ状木製品・玦状耳飾・押出型ポイント・異形石器・自然遺物などの希少な遺物が出土した。縄文土器は大木4式期に限られるが、大木4式期のほかに関東地方の諸磯b式・浮島Ⅱ式土器や、北陸地方の影響を受けた羽状縄文をもつ土器など、他地域との交流をうかがわせる資料が出土している。1つの土器形式という限定的な期間の中で、転ばし根太を伴う盛土を築くことによって低湿地という特殊な環境下に適応した人々の生活の一端をうかがうことが出来る。

主な時代:縄文前期
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 471
File download : 538

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events