Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
24557 reports
( Participation 475 Orgs )
report count
68817 reports
( compared to the privious fiscal year + 51 reports )
( Participation 1684 Orgs )
site summary count
130276 reports
( compared to the privious fiscal year + 95 reports )

北原2遺跡第1・2次・北原4遺跡発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/14876
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.14876
引用表記 公益財団法人山形県埋蔵文化財センター 2013 『山形県埋蔵文化財センター調査報告書207:北原2遺跡第1・2次・北原4遺跡発掘調査報告書』公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター 2013 『北原2遺跡第1・2次・北原4遺跡発掘調査報告書』山形県埋蔵文化財センター調査報告書207
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 北原2遺跡第1・2次・北原4遺跡発掘調査報告書
Participation-organizations Banner (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Alternative きたはら2いせきだい1・2じ・きたはら4いせきはっくつちょうさほうこくしょ
Subtitle
Volume
Series 山形県埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 207
Author
Editorial Organization
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publisher
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date 20130329
Publisher ID
ZIP CODE 9993246
TEL 0236725301
Aaddress 山形県上山市中山字壁屋敷5608番地
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 北原2遺跡 第1・2次
Site Name Transcription きたはら2いせき
Order in book 1
Address 山形県村山市大字本飯田字北原
Address Transcription やまがたけんむらやましおおあざもといいだあざきたはら
City Code 062081
Site Number 208-073
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 383218
East Longitude (WGS) 1402315
Research Period
20100519-20101029
20110509-20110630
Research Space
700
1050
Research Causes 東北中央自動車道(東根~尾花沢)建設事業
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
土坑6
ピット1
溝跡3
性格不明遺構4
Main Foundings
縄文土器
石器
石製品
Remark 北原2遺跡は山形盆地と尾花沢盆地の境に位置する。標高約90mの舌状丘陵の南端に立地する。縄文時代後期から晩期にかけての遺物が出土したが、住居跡といった遺構は検出されなかったため、周辺集落の生活範囲にはいる集落の縁辺部に入ることが確認できた。
Site Name 北原4遺跡
Site Name Transcription きたはら4いせき
Order in book 2
Address 山形県村山市大字本飯田字北原
Address Transcription やまがたけんむらやましおおあざもといいだあざきたはら
City Code 062081
Site Number 208-068
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 383230
East Longitude (WGS) 1402318
Research Period
20100521-20101126
Research Space
2900
Research Causes 東北中央自動車道(東根~尾花沢)建設事業
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
土坑16
ピット10
倒木痕12
Main Foundings
縄文土器
須恵器
石器
Remark 北原4遺跡は山形盆地と尾花沢盆地の境に位置する。北原4遺跡も集落の縁辺部であるが、縄文時代早期から晩期にかけて、幅広い時期にわたり、人々が活動していたことが明らかになった。
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 212
File download : 137

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events