Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23590 reports
( Participation 457 Orgs )
report count
61926 reports
( compared to the privious fiscal year + 13373 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126579 reports
( compared to the privious fiscal year + 32388 reports )

敷地遺跡(I)

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/14096
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.14096
引用表記 財団法人徳島県埋蔵文化財センター 2008 『徳島県埋蔵文化財センター調査報告書72:敷地遺跡(I)2』徳島県教育委員会・財団法人徳島県埋蔵文化財センター
財団法人徳島県埋蔵文化財センター 2008 『敷地遺跡(I)2』徳島県埋蔵文化財センター調査報告書72
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 敷地遺跡(I)
Alternative しきじいせきI
Subtitle 道路改築事業(徳島環状線国府工区)関連埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume 2
Series 徳島県埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 72
Author
Editorial Organization
財団法人徳島県埋蔵文化財センター
Publisher
徳島県教育委員会・財団法人徳島県埋蔵文化財センター
Publish Date 20080325
Publisher ID
ZIP CODE 779-0108
TEL 088-672-4545
Aaddress 徳島県板野郡板野町犬伏字平山86番2
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
吉野川と鮎喰川に挟まれた沖積地上に形成された遺跡である。弥生時代終末~中・近世までの長 期間にわたる遺物が出土しているが、中心となるのは古墳時代(後期)と古代(奈良・平安時代) である。古墳時代は竪穴住居を中心とした集落が形成されている。古代になると掘立柱建物を中 心とした館跡が検出されており、近接する国府との関連が想定される。またその周囲では水田開 発が行われている。
Site
Site Name 敷地遺跡
Site Name Transcription しきじいせき
Order in book
Address 徳島県徳島市国府町敷地他
Address Transcription
City Code 36201
Site Number
North Latitude (JGD) 340427
East Longitude (JGD) 1342811
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
Research Period
19980506-19990325
19990423-20000321
20030516-20040319
20061010-20070129
Research Space
6487
6719
13414
1740
Research Causes 県道徳島環状線改築に伴う発掘調査
OverView
Site Type
集落
官衙
Main Age
奈良
平安
Main Features
竪穴住居
掘立柱建物
土坑
土壙墓
小穴
水田
Main Foundings
土器(土師器・須恵器・黒色土器)
土製品(土錘・瓦)
石器(敲石・砥石)
鉄器(鉄鏃・紡錘車・刀子・鎌)
木製品(木簡・柄・刀形木製品)
Remark 郡名を記した木簡や地名などを記した刻書土器などの文字資料が出土
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 132
File download : 181

All Events

Similar Reports

Similar Events