奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28140 reports
( Participation 551 Orgs )
report count
88539 reports
( compared to the privious fiscal year + 489 reports )
( Participation 1739 Orgs )
site summary count
136245 reports
( compared to the privious fiscal year + 584 reports )
現在の文化財論文件数
1230 reports
( compared to the privious fiscal year + 413 reports )
video count
426 reports
( compared to the privious fiscal year + 15 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
513 reports
( compared to the privious fiscal year + 5 reports )
※過去開催分含む

元島遺跡Ⅰ(遺構編 本文)

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/12587
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.12587
引用表記 財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所 1998 『静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告109:元島遺跡Ⅰ(遺構編 本文)』財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所 1998 『元島遺跡Ⅰ(遺構編 本文)』静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告109
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 元島遺跡Ⅰ(遺構編 本文)
Participation-organizations 静岡県埋蔵文化財センター - 静岡県
Alternative もとじまいせきⅠ(いこうへん ほんぶん)
Subtitle 平成6・7・8・9年度太田川住宅宅地基盤特定治水施設等に伴う埋蔵文化財調査報告書
Volume
Series 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告
Series Number 109
Author
Editorial Organization
財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
Publisher
財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
Publish Date 19980320
Publisher ID 22001
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市谷田23-20
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 元島遺跡
Site Name Transcription もとじまいせき
Order in book 1
Address 静岡県磐田郡福田町豊浜字一本松1634ほか
Address Transcription しずおかけんいわたぐんふくでちょうとよはまあざいっぽんまつ1634ほか
City Code 22482
Site Number 2
North Latitude (JGD) 344105
East Longitude (JGD) 1375345
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.688 137.8928
Research Period
19940701_19970831
Research Space
55590
Research Causes 太田川住宅宅地基盤特定治水施設等整備工事
OverView
Site Type
集落
Main Age
弥生
古墳
奈良
平安
鎌倉
室町
戦国
Main Features
弥生中期:方形周溝墓 古墳前期:掘立柱建物
井戸 古墳中期:墳墓
土坑 古墳後期~奈良:方形区画
掘立柱建物 平安末~鎌倉:掘立柱建物
溝状遺構
土坑 室町~戦国:掘立柱建物
溝状遺構
井戸
土坑
Main Foundings
弥生中期:弥生土器 古墳前期:土師器
勾玉
準構造船
丸木舟 古墳中期:土師器
須恵器 古墳後期~奈良:土師器
須恵器 平安末~鎌倉:山茶碗
伊勢鍋
建築部材 室町~戦国:輸入陶磁器
国内産陶磁器
土製鍋類
かわらけ
貨幣
鉄製農具
木製農具
漆製品
船材
建築部材
Remark 弥生中期:方形周溝墓8基
古墳前期:掘立柱建物28棟、井戸枠が船材の転用
古墳中期:墳墓3基、主体部を確認
古墳後期~奈良:方形区画に囲まれた区域を確認
平安末~鎌倉:掘立柱建物7棟、洪水によって、大部分が破壊されていた。
室町~戦国:掘立柱建物115棟、墓12基、井戸8基、土坑63基、中世集落はクリーク状の溝で区画されていた。
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 263
File download : 217

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events