Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23222 reports
( Participation 448 Orgs )
report count
53530 reports
( compared to the privious fiscal year + 4875 reports )
( Participation 1439 Orgs )
site summary count
104750 reports
( compared to the privious fiscal year + 10928 reports )

恒武西宮遺跡Ⅱ・笠井若林遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/12447
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.12447
引用表記 財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所 2002 『静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告132:恒武西宮遺跡Ⅱ・笠井若林遺跡』財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所 2002 『恒武西宮遺跡Ⅱ・笠井若林遺跡』静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告132
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 恒武西宮遺跡Ⅱ・笠井若林遺跡
Alternative つねたけにしみやいせきⅡ・かさいわかばやしいせき
Subtitle 平成10・11・12年度(主)浜松環状線(笠井工区)道路改良(一般)工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告
Series Number 132
Author
Editorial Organization
財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
Publisher
財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
Publish Date 20020329
Publisher ID 22001
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市谷田23-20
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Remark
Site
Site Name 恒武西宮遺跡
Site Name Transcription つねたけにしみやいせき
Order in book 1
Address 静岡県浜松市恒武町字西宮
Address Transcription しずおかけんはままつしつねたけちょうあざにしみや
City Code 22202
Site Number
North Latitude (JGD) 344525
East Longitude (JGD) 1374747
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
Research Period
19981001_19990531
Research Space
2420
Research Causes 浜松環状線道路改良工事
OverView
Site Type
集落
田畑
Main Age
古墳
古代(細分不明)
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
古墳中期:竪穴住居跡
土坑
溝状遺構
小穴 古墳後期:掘立柱建物跡
土坑
溝状遺構
小穴 奈良~平安:掘立柱建物跡
溝状遺構 鎌倉:掘立柱建物跡
井戸 戦国~安土桃山:掘立柱建物跡
土坑
溝状遺構(区画溝)
小穴 江戸:墓
井戸
Main Foundings
古墳中期:土師器
須恵器
金属製品
石製模造品 古墳後期:土師器
須恵器
金属製品 奈良~平安:土師器
須恵器
灰釉陶器 鎌倉:山茶碗
陶器類
貿易陶磁
金属製品
木製品 戦国~安土桃山:施釉陶器
土師質土器(鍋
かわらけ等) 江戸:施釉陶器
土師質土器(かわらけ)
金属製品
銭貨
木製品
Remark 古墳後期:多数の溝状遺構は畑耕作に伴う可能性がある。
戦国~安土桃山:区画溝を伴う集落。
江戸:近世長福寺に伴う遺構か。
Site Name 笠井若林遺跡
Site Name Transcription かさいわかばやしいせき
Order in book 2
Address 静岡県浜松市笠井町若林
Address Transcription しずおかけんはままつしかさいちょうわかばやし
City Code 22202
Site Number
North Latitude (JGD) 344545
East Longitude (JGD) 1374749
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
Research Period
19981001_19900331
19990601_20011029
20010404_20011130
Research Space
7135
Research Causes 浜松環状線道路改良工事
OverView
Site Type
集落
田畑
社寺
Main Age
古墳
古代(細分不明)
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
古墳中~後期:竪穴住居跡
溝状遺構
小穴 奈良~平安:竪穴住居跡
掘立柱建物跡
土坑
溝状遺構
小穴
井戸 鎌倉:掘立柱建物跡
土坑
溝状遺構
小穴
井戸 戦国~安土桃山:掘立柱建物跡
土坑
溝状遺構
小穴 江戸:溝状遺構
Main Foundings
古墳中~後期:土師器
須恵器
金属製品 奈良~平安:土師器
須恵器
灰釉陶器
墨書土器
円面硯
獣足付短頸壺
金属製品
鉄製帯金具
鉄滓 鎌倉:山茶碗
陶器類
貿易陶磁
金属製品
鉄滓 戦国~安土桃山:施釉陶器
陶器類
土師質土器(鍋
かわらけ等)
貿易陶磁
金属製品
銭貨
棹秤の錘
鉄滓 江戸:施釉陶器
磁器
土師質土器(鍋類
かわらけ)
金属製品
Remark 古墳中~後期:遺物・遺構のほとんどは後期末
奈良~平安:竪穴住居内に鉄関連と思われる遺構1箇所検出
戦国~安土桃山:方形の区画溝を持つ集落。
江戸:溝状遺構は耕作に関わる可能性が高い。
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 146
File download : 98

All Events

Similar Reports