奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
26460 reports
( Participation 520 Orgs )
report count
70930 reports
( compared to the privious fiscal year + 2254 reports )
( Participation 1692 Orgs )
site summary count
134906 reports
( compared to the privious fiscal year + 3843 reports )
video count
262 reports
( compared to the privious fiscal year + 262 reports )
( Participation 28 Orgs )

平成17・18年度大淀町文化財調査報告

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/1084
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.1084
引用表記 奈良県大淀町教育委員会 2008 『奈良県大淀町文化財調査報告書4:平成17・18年度大淀町文化財調査報告』奈良県大淀町教育委員会
奈良県大淀町教育委員会 2008 『平成17・18年度大淀町文化財調査報告』奈良県大淀町文化財調査報告書4
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 平成17・18年度大淀町文化財調査報告
Alternative へいせいじゅうななじゅうはちねんどおおよどちょうぶんかざいちょうさほうこく
Subtitle 大淀桜ヶ丘遺跡・史跡比曽寺跡
Volume
Series 奈良県大淀町文化財調査報告書
Series Number 4
Author
Editorial Organization
奈良県大淀町教育委員会
Publisher
奈良県大淀町教育委員会
Publish Date 20080331
Publisher ID
ZIP CODE 638-8501
TEL
Aaddress 奈良県吉野郡大淀町桧垣本2090
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 大淀桜ケ丘遺跡
Site Name Transcription おおよどさくらがおかいせき
Order in book
Address 奈良県吉野郡大淀町桧垣本・下渕
Address Transcription ならけんよしのぐんおおよどちょうひがいもとしもぶち
City Code 29442
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 342304
East Longitude (WGS) 1354730
Research Period
20051003-20051019/20051031-20051122
Research Space
700
Research Causes 大淀町立大淀桜ヶ丘小学校の改築のともなう試掘調査/鎌倉時代から南北朝時代にかけての比曽寺跡の遺構が、地表下1mで確認された。
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
遺構不詳
Main Foundings
剥片(サヌカイト製)
縄文土器
Remark 江戸時代の区画溝と注穴は、寺院および神社等の建物の存在を推定させる。
Site Type
集落
Main Age
江戸
Main Features
土坑(柱穴)
Main Foundings
銭貨
小柄
各種陶磁器
Remark
Site Name 史蹟比曽寺跡
Site Name Transcription しせきひそでらあと
Order in book
Address 奈良県吉野郡大淀町比曽小字寺内・西谷
Address Transcription ならけんよしのぐんおおよどちょうひそこあざてらうちにしたに
City Code 29442
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 342418
East Longitude (WGS) 1354954
Research Period
20051021-20051031
Research Space
22.6
Research Causes 大淀町立大淀桜ヶ丘小学校の改築のともなう試掘調査/鎌倉時代から南北朝時代にかけての比曽寺跡の遺構が、地表下1mで確認された。
OverView
Site Type
社寺
Main Age
古代(細分不明)
中世(細分不明)
Main Features
粘土敷き遺構
Main Foundings
瓦(平瓦
丸瓦
軒瓦
軒丸瓦)
須恵器
中世土器
陶磁器
鉄釘
Remark 鎌倉時代から南北朝時代にかけての比曽寺跡の遺構が、地表下1mで確認された。
Abstract 主な時代:古代から中世
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 322
File download : 330

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events