奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
28947 件
( 発行機関数 568 機関 )
現在の書誌登録数
89318 件
( 前年度比 + 1301 件 )
( 発行機関数 1744 機関 )
現在の遺跡抄録件数
137444 件
( 前年度比 + 1758 件 )
現在の文化財論文件数
15212 件
( 前年度比 + 14395 件 )
現在の文化財動画件数
489 件
( 前年度比 + 79 件 )
( 登録機関数 55 機関 )
文化財イベント件数
531 件
( 前年度比 + 23 件 )
※過去開催分含む

三重県
三重県明和町 上村・池村の道切り行事

明和町には道切り行事が、町南部の斎宮地区の上村、池村に集中して残っており、「シメナワサン」や「山の神」、行事を行う時期から「八朔」との呼び名がある。
道切り行事の実施場所の多くは、各集落の入り口にあたり、山の神をはじめ愛宕さんの札や庚申さんも祀られている。いずれも集落へ悪いものが入らないようにする強い意図のあらわれといえる。なお、山の神の石碑は、明治期の神社合祀や道路整備により氏神社境内などに移設されているものもある。また、注連縄も車社会の発達により自動車の通行を妨げないよう、現在では道に掛け渡すのを止め、片側の立木や石碑に巻き付けられている箇所も多い。

本記録動画は、文化庁の補助を得て、令和元年度に実施されたものを記録し、明和町日本遺産活用推進協議会が作成しました。
データ登録機関 : 明和町
文化財所在地 : 三重県
動画種別 : 文化財紹介・解説
対象 : 子供向け
文化財種別 : 無形民俗文化財
総覧登録日 : 2020-09-07
wikipedia 出典テンプレート : {{cite video ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{cite video|title=三重県明和町 上村・池村の道切り行事|url=https://www.youtube.com/watch?v=jMSZBRvVPnA|publisher=明和町}} 閉じる
このエントリーをはてなブックマークに追加