奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
34003 件
( 発行機関数 643 機関 )
現在の書誌登録数
125498 件
( 前年度比 + 14553 件 )
( 発行機関数 1878 機関 )
現在の遺跡抄録件数
141214 件
( 前年度比 + 2705 件 )
現在の文化財論文件数
117464 件
( 前年度比 + 93925 件 )
現在の文化財動画件数
942 件
( 前年度比 + 171 件 )
( 登録機関数 92 機関 )
文化財イベント件数
789 件
( 前年度比 + 170 件 )
※過去開催分含む

千眼寺跡II

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/39136
引用表記 神林村教育委員会 2007 『神林村埋蔵文化財報告25:千眼寺跡II』神林村教育委員会
神林村教育委員会 2007 『千眼寺跡II』神林村埋蔵文化財報告25
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=早苗|last=田辺|first2=真人|last2=高林|first3=真人|last3=髙林|title=千眼寺跡II|origdate=2007-03-29|date=2007-03-29|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/39136|location=新潟県岩船郡神林村大字今宿56|ncid=BA84994726|series=神林村埋蔵文化財報告|volume=25}} 閉じる
ファイル
3次元画像
書名 千眼寺跡II
発行(管理)機関 村上市 - 新潟県
有償頒布・配布ページ http://www.city.murakami.lg.jp/soshiki/80/siryoutyousa-hakkutu.html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
書名かな せんげんじあとに
副書名
巻次
シリーズ名 神林村埋蔵文化財報告
シリーズ番号 25
編著者名
編集機関
神林村教育委員会
発行機関
神林村教育委員会
発行年月日 20070329
作成機関ID
郵便番号 959-3492
電話番号 0254-66-6111
住所 新潟県岩船郡神林村大字今宿56
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
発掘調査報告 掲載されている(発掘調査報告書総目録の掲載対象)
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
所収遺跡
遺跡名 千眼寺跡
遺跡名かな せんげんじあと
本内順位 1
遺跡所在地 新潟県岩船郡神林村大字平林
所在地ふりがな にいがたけんいわふねぐんかみはやしむらおおあざひらばやし
市町村コード 15583
遺跡番号 220
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 380823
東経(世界測地系)度分秒 1392811
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 38.139722 139.469722
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
調査期間
20020819-20020822
20060908-20061004
調査面積(㎡)
420
調査原因 農村振興総合整備事業の既存道路の拡幅整備工事
遺跡概要
種別
社寺
時代
室町
江戸
主な遺構
土坑
性格不明遺構
ピット
主な遺物
須恵器
瓷器系陶器
越前
瓦質土器
近世陶磁器
石製品
銭貨
特記事項 平林城跡に密接に関係する中世寺院跡であり、寺域は南北80m以上・東西約80mの西辺を調査した
遺跡名 千眼寺跡
遺跡名かな せんげんじあと
本内順位 2
遺跡所在地 新潟県岩船郡神林村大字平林1695ほか
所在地ふりがな にいがたけんいわふねぐんかみはやしむらおおあざひらばやし
市町村コード 15583
遺跡番号 220
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 380823
東経(世界測地系)度分秒 1392811
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 38.139722 139.469722
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
調査期間
20020819-20020822
20060908-20061004
調査面積(㎡)
420
調査原因 拡幅整備工事
遺跡概要
種別
社寺
時代
室町
戦国
安土桃山
江戸
主な遺構
溝8
土坑6
性格不明遺構1
ピット4
主な遺物
須恵器
瓷器系陶器
越前焼
瓦質土器
近世陶磁器
石製品
焼土
銭貨
特記事項 平林城跡と密接に関係する中世の寺院跡であり、寺域は南北80m以上・東西約80mであり、今回の調査区はその西辺である。
要約
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 65
ファイルダウンロード数 : 0

全国のイベント

外部出力