Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の書誌登録数
23324 件
( 前年度比 + 2175 件 )
( 発行機関数 438 機関 )
現在の遺跡抄録件数
40502 件
( 前年度比 + 4046 件 )
2018-10-06 〜 2018-12-24 宮城県

岩沼市ふるさと展示室 第23回文化財企画展「海ぞいの縄文むら~岩沼あたりの平地が海だった頃~」

 寒冷な気候だった旧石器時代が終わり、気候が温暖化する縄文時代になると新しい環境に変わり、仙台平野でも豊かな森と海が広がりました。特に縄文時代早期末から前期にかけての気温が最も高くなった6,500年前頃には、海が山近くまで入り込み、各地に貝塚が作られました。
 今回の展示ではその頃の仙台平野南部、海が身近だった岩沼あたりの縄文むらと縄文人の暮らしをテーマにしています。あわせてその前の旧石器時代、その後の縄文時代も取り上げ、海などの地形環境の変化と暮らしの関わりかたなども紹介しています。
Banner
主催岩沼市教育委員会
連絡先
岩沼市教育委員会 生涯学習課 文化財係
ふるさと展示室 電話:0223-25-2302
Eメール:bunkazai@city.iwanuma.miyagi.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加

内容が似ている報告書