奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
37105 件
( 発行機関数 706 機関 )
現在の書誌登録数
131557 件
( 前年度比 + 7404 件 )
( 発行機関数 1903 機関 )
現在の遺跡抄録件数
145344 件
( 前年度比 + 3184 件 )
現在の文化財論文件数
118826 件
( 前年度比 + 1499 件 )
現在の文化財動画件数
1169 件
( 前年度比 + 159 件 )
( 登録機関数 106 機関 )
文化財イベント件数
1036 件
( 前年度比 + 240 件 )
※過去開催分含む

富士山南麓地域出土の石錘に関する一考察

古瀬 岳洋 ( FURUSE Takehiro )
縄文時代における富士山南麓地域の石錘は、水域に近い立地の遺跡から出土すること、打欠石錘が多く重量分布的に110gより軽いものが多数であり漁撈用錘としての活用が想定できること、前期頃には打欠石錘が支配的であり中期から後期にかけて切目石錘が出現し、石器組成が変化することを確認した。
NAID :
都道府県 : 静岡県
時代 縄文
遺跡種別 集落
遺物(材質分類) 石器
学問種別 考古学
他の電子リソース :
総覧登録日 : 2023-06-23
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=岳洋|last=古瀬|contribution=富士山南麓地域出土の石錘に関する一考察|title=中島遺跡|date=2023-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/131736|location=静岡県富士市伝法66番地の2|ncid=BD0287923X|series=富士市埋蔵文化財調査報告|volume=75}} 閉じる
このエントリーをはてなブックマークに追加

この論文は下の刊行物の 63 - 70 ページ に掲載されています。

収録刊行物