奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
26390 件
( 発行機関数 520 機関 )
現在の書誌登録数
70902 件
( 前年度比 + 2223 件 )
( 発行機関数 1692 機関 )
現在の遺跡抄録件数
134820 件
( 前年度比 + 3753 件 )
現在の文化財動画件数
256 件
( 前年度比 + 256 件 )
( 登録機関数 28 機関 )

栗山矢尻古墳 発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/72522
引用表記 八千代町教育委員会 1976 『八千代町埋蔵文化財調査報告書1:栗山矢尻古墳 発掘調査報告書1』八千代町教育委員会
八千代町教育委員会 1976 『栗山矢尻古墳 発掘調査報告書1』八千代町埋蔵文化財調査報告書1
ファイル
3次元画像
書名 栗山矢尻古墳 発掘調査報告書
書名かな くりやまやじりこふん はっくつちょうさほうこくしょ
副書名
巻次 1
シリーズ名 八千代町埋蔵文化財調査報告書
シリーズ番号 1
編著者名
編集機関
八千代町教育委員会
発行機関
八千代町教育委員会
発行年月日 19760000
作成機関ID 08521
郵便番号 3003572
電話番号 0296480525
住所 茨城県結城郡八千代町大字菅谷1170番
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 栗山矢尻古墳
遺跡名かな くりやまやじりこふん
本内順位
遺跡所在地 茨城県結城郡八千代町大字栗山字矢尻624番
所在地ふりがな いばらきけんゆうきぐんやちよまちおおあざくりやまあざやじり624ばん
市町村コード 08521
遺跡番号 067-3
北緯(日本測地系)度分秒 360838
東経(日本測地系)度分秒 1395450
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
調査期間
19760316-19760325
調査面積(㎡)
140
調査原因 耕作中の石棺発見
遺跡概要
種別
古墳
時代
古墳
主な遺構
円墳1基
周溝
箱式石棺1基
主な遺物
木片及び金属片が数片
特記事項 直径約24mの円墳、墳丘はすでに消失
周溝幅約2m、深さ約30㎝
石棺内に人骨2体
要約  栗山矢尻古墳は、城山古墳群内の1基である。古墳群はかつて18基の古墳があったことが確認されているが、墳丘が現存するのは2基の円墳のみである。昭和30年代に当古墳群の白山塚という前方後円墳から、国重要文化財に指定されている人物埴輪が出土している。
 栗山矢尻古墳は、墳丘はすでに消失し平坦な畑地となっていたが、耕作中に石棺が発見された。トレンチ調査によって周溝の一部が確認され直径約24mの円墳であることが分かった。周溝の幅は約2m、深さは約30㎝である。
 石棺は地表から約60㎝の深さで発見された。扁平な板石を組み合わせた箱式石棺である。石材は黒雲母片岩である。石棺の頭は東北東に向いている。規模は内寸で、長さ約190㎝、幅は東端で約45㎝,西端で約48㎝である。石の枚数は、蓋石6枚、妻石各1枚、側石各3枚、床石6枚で、白色粘土で裏込めされている。石棺の内面は全面に朱が塗られている。
 石棺内に埋葬人骨が2体確認された。頭蓋骨の位置から2体とも東方に頭を向けて埋葬されたことが分かる。頭蓋骨の一つは<左頭頂部が大きく切断されていた。残された人骨や歯の状態から、一体は身長約175㎝と長身の50から60歳代の男性、もう一体は30歳代と推定された。
 石棺は八千代町歴史民俗資料館に移設復元されている。





このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 10
ファイルダウンロード数 : 0

全国のイベント

外部出力