奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
26580 件
( 発行機関数 524 機関 )
現在の書誌登録数
84651 件
( 前年度比 + 15977 件 )
( 発行機関数 1764 機関 )
現在の遺跡抄録件数
135154 件
( 前年度比 + 4079 件 )
現在の文化財動画件数
295 件
( 前年度比 + 295 件 )
( 登録機関数 32 機関 )

最上川流域の後期旧石器文化の研究3 高倉山遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/71018
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.71018
引用表記 東北大学大学院文学研究科考古学研究室 2016 『東北文化資料叢書9:最上川流域の後期旧石器文化の研究3 高倉山遺跡』東北大学大学院文学研究科考古学研究室
東北大学大学院文学研究科考古学研究室 2016 『最上川流域の後期旧石器文化の研究3 高倉山遺跡』東北文化資料叢書9
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 最上川流域の後期旧石器文化の研究3 高倉山遺跡
発行(管理)機関 東北大学 - 宮城県
書名かな もがみがわりゅういきのこうききゅうせっきぶんかのけんきゅう3 たかくらやま いせき
副書名
巻次
シリーズ名 東北文化資料叢書
シリーズ番号 9
編著者名
編集機関
東北大学大学院文学研究科考古学研究室
発行機関
東北大学大学院文学研究科考古学研究室
発行年月日 20160315
作成機関ID 041009
郵便番号 9808576
電話番号
住所 宮城県仙台市青葉区川内27-1
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 高倉山遺跡
遺跡名かな たかくらやまいせき
本内順位
遺跡所在地 山形県最上郡舟形町冨田字高倉山1933
所在地ふりがな やまがたけんもがみぐんふながたまちとみたあざたかくらやま1933
市町村コード 06362
遺跡番号 363-029
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 384120
東経(世界測地系)度分秒 1401656
調査期間
20101103-20101107
20110827-20110907
20120824-20120904
調査面積(㎡)
17
32
39
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
時代
旧石器
縄文
主な遺構
石器集中地点(後期旧石器2)
礫群(後期旧石器2)
窪み状遺構(後期旧石器1)
土器埋設土坑(縄文晩期1)
焼土土坑2
土坑7
主な遺物
ナイフ形石器56
エンド・スクレイパー77
彫刻刀形石器18
彫刻刀スポール28
裏面掻器2
船底状石器1
二次加工ある石刃26
石刃242
剥片90
砕片479
ハンマー1
石鏃2
石核2
石錐1
縄文土器65
特記事項
要約 ①遺跡は低位段丘上に位置するが、その場所はその後の隆起活動によって、河川との比高差が大きくなったと考えられる。
②堆積層の形成過程の点では、遺物包含層の直下の4 層が浸食を受けており、そこに不整合が認められる。土壌学的分析では、各層間に化学組成の明瞭なギャップが認められず、土壌堆積の過程で大規模な母材の供給がなかったことを示している。おそらく風成塵のような軽微な堆積作用の中に遺物が残されたのであろう。また、火山灰分析では、幾つかの広域テフラの火山ガラスが検出された。それらは、遺物から予想される包含位置よりも上層から検出される傾向にあった。出土資料のファブリック解析では、遺物分布が自然営力により幾らかの改変を受けていることが予想された。一方で、遺物の平面分布には一定のまとまりがあり、ある程度の活動の場を想定できる。垂直分布には50cm 前後の上下差があり、垂直方向への拡散運動があったことが予想される。
③後期旧石器時代の遺跡内活動の点では、石刃の生産活動には乏しいが、トゥールの使用、再加工、トゥールの製作による補給、礫群の使用などが狭い空間で繰り返されたと考えられる。このような活動は、狩猟前後の活動であり、遺跡が狩猟場に近い立地であったと考えられる。
④この場所は、その後、縄文時代晩期に再度利用され、土器埋設土坑、焼土土坑が1b 層から2 層にかけて残されている。このような後世の人為的影響によって、後期旧石器時代の包含層も土壌の攪乱や炭化物の二次的な混入などの影響を受けている。さらに、近代の開墾と圃場整備によって丘陵上の広い範囲が削平され、遺物包含層が残された場所は、丘陵の縁辺部に限られることが明らかになった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 238
ファイルダウンロード数 : 64

全国のイベント

外部出力

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント