奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
28268 件
( 発行機関数 553 機関 )
現在の書誌登録数
88769 件
( 前年度比 + 730 件 )
( 発行機関数 1739 機関 )
現在の遺跡抄録件数
136733 件
( 前年度比 + 1072 件 )
現在の文化財論文件数
1427 件
( 前年度比 + 610 件 )
現在の文化財動画件数
432 件
( 前年度比 + 22 件 )
( 登録機関数 48 機関 )
文化財イベント件数
517 件
( 前年度比 + 9 件 )
※過去開催分含む

斎宮跡発掘調査報告Ⅱ  

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/53333
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.53333
引用表記 斎宮歴史博物館 2014 『斎宮跡発掘調査報告Ⅱ  』斎宮歴史博物館
斎宮歴史博物館 2014 『斎宮跡発掘調査報告Ⅱ  』
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=直純|last=倉田|first2=寛之|last2=榎村|first3=勝宏|last3=大川|first4=強|last4=新名|title=斎宮跡発掘調査報告Ⅱ  |origdate=2014-03-27|date=2014-03-27|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/53333|location=三重県多気郡明和町竹川503|ncid=BB18415357|doi=10.24484/sitereports.53333}} 閉じる
ファイル
3次元画像
書名 斎宮跡発掘調査報告Ⅱ  
発行(管理)機関 三重県立斎宮歴史博物館 - 三重県
有償頒布・配布ページ http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/saiku/50447036237.htm
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
書名かな さいくうあとはっくつちょうさほうこくに 
副書名 柳原区画の調査 遺構・遺構総括編
巻次
シリーズ名
シリーズ番号
編著者名
編集機関
斎宮歴史博物館
発行機関
斎宮歴史博物館
発行年月日 20140327
作成機関ID 244422
郵便番号 5150325
電話番号 0596523800
住所 三重県多気郡明和町竹川503
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
所収遺跡
遺跡名 斎宮跡 第8-9次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 1
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字御館/柳原
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざみたち やなぎはら
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.50
東経(日本測地系)度分秒 1363656.50
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
1974
調査面積(㎡)
712
調査原因 範囲確認
遺跡概要
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
掘立柱建物
土坑
主な遺物
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
遺跡名 斎宮跡 第114次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 10
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
19961025-19970110
調査面積(㎡)
987
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
平安
主な遺構
大型掘立柱建物
柵列
土坑
主な遺物
円面硯
土師器
緑釉陶器
習書土器
須恵器
サイコロ形土器
特記事項 主な時代:奈良後期から平安前期
北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
遺跡名 斎宮跡 第128-5次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 11
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字御館
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざみたち
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20000124-20000209
調査面積(㎡)
452
調査原因 資材置場整地
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
主な遺構
道路
道路側溝
主な遺物
土師器
須恵器
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
道路
道路側溝
主な遺物
緑釉陶器
特記事項
種別
官衙
時代
鎌倉
主な遺構
主な遺物
山茶椀
石硯
特記事項
遺跡名 斎宮跡 第143次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 12
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20040521-20040812
調査面積(㎡)
650
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
平安
中世(細分不明)
近世(細分不明)
近代(細分不明)
主な遺構
道路
竪穴建物
掘立柱建物
土坑
井戸
主な遺物
土師器
須恵器
緑釉陶器
灰釉陶器
製塩土器
黒色土器
陶磁器
瓦器
土錘
鉄釘
鉄滓
土馬
特記事項 主な時代:奈良 平安 鎌倉以降
北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
遺跡名 斎宮跡 第152次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 13
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20070709-20071226
調査面積(㎡)
2625
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
平安
主な遺構
掘立柱建物
柵列
土坑
道路(奈良古道)
四面庇付建物
主な遺物
土師器
須恵器
灰釉陶器
緑釉陶器
輸入陶磁
黒色土器
刀子
円盤状製品
金属滓
鉄製品
志摩式製塩土器
土錘
焼粘土塊
炭化材
ロクロ土師器
白磁
瓦器
石英塊
軽石
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
遺跡名 斎宮跡 第153次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 14
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20071118-20080310
調査面積(㎡)
744
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
平安
中世(細分不明)
近世(細分不明)
近代(細分不明)
主な遺構
掘立柱建物
道路(奈良古道)
土坑
井戸
主な遺物
土師器
須恵器
灰釉陶器
白磁
緑釉陶器
輸入陶器
炭化材
火打ち鎌
石英塊
円面硯
黒色土器
志摩式製塩土器
弥生土器
土錘
ロクロ土師器
中世陶器
鉄滓
青磁
陶器
鉄製品
特記事項 主な時代:奈良 平安 鎌倉以降
北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
遺跡名 斎宮跡 第156次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 15
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字西加座
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざにしかざ
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20080118-20080215
調査面積(㎡)
70
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
区画道路
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
墨書土器
陶器
ロクロ土師器
志摩式製塩土器
砥石
焼粘土塊
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
遺跡名 斎宮跡 第157次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 16
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20080526-20081124
調査面積(㎡)
1280
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
主な遺構
掘立柱建物
土坑
主な遺物
土師器
黒色土器
焼土
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
掘立柱建物
土坑
主な遺物
土師器
ロクロ土師器
須恵器
灰釉陶器
山茶椀
志摩式製塩土器
青磁
白磁
三彩陶器
鞴羽口
土錘
白色玉石
砥石
鉄滓
特記事項
種別
官衙
時代
中世(細分不明)
近世(細分不明)
近代(細分不明)
主な遺構
主な遺物
土師器
須恵器
灰釉陶器
山茶椀
常滑製甕
特記事項 主な時代:鎌倉以降
遺跡名 斎宮跡 第158次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 17
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字御館
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざみたち
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20080818-20081227
調査面積(㎡)
525
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
主な遺構
主な遺物
土師器
須恵器
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
掘立柱建物
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
灰釉陶器
ロクロ土師器
特記事項
種別
官衙
時代
中世(細分不明)
近世(細分不明)
近代(細分不明)
主な遺構
主な遺物
土師器
須恵器
灰釉陶器
山茶椀
ロクロ土師器
白磁
特記事項 主な時代:鎌倉以降
遺跡名 斎宮跡 第159次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 18
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字西加座
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざにしかざ
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20080922-20090731
調査面積(㎡)
838
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
主な遺構
道路
区画道路側溝
掘立柱建物
主な遺物
土師器
須恵器
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
掘立柱建物
掘立柱塀
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
灰釉陶器
緑釉陶器
墨書土器
白磁
製塩土器
特記事項
種別
官衙
時代
中世(細分不明)
近世(細分不明)
近代(細分不明)
主な遺構
主な遺物
土師器
墨書土器
山茶椀
銅製品
特記事項 主な時代:鎌倉以降
遺跡名 斎宮跡 第163次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 19
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20090804-20100115
調査面積(㎡)
24
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
主な遺構
掘立柱建物
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
掘立柱建物
柵列
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
灰釉陶器
白磁
製塩土器
特記事項
遺跡名 斎宮跡 第8-10次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 2
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原/楽殿
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら がくでん
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
1974
調査面積(㎡)
796
調査原因 範囲確認
遺跡概要
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
掘立柱建物
土坑
主な遺物
特記事項
遺跡名 斎宮跡 第164次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 20
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字御館
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざみたち
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20090803-20091014
調査面積(㎡)
201
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
区画道路側溝
主な遺物
土師器
須恵器
灰釉陶器
特記事項
遺跡名 斎宮跡 第165-1次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 21
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20090625-20091015
調査面積(㎡)
98
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
主な遺構
掘立柱建物
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
掘立柱建物
柵列
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
灰釉陶器
白磁
製塩土器
特記事項
遺跡名 斎宮跡 第165-2次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 22
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20090625-20091015
調査面積(㎡)
30
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
掘立柱建物
土坑
主な遺物
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
遺跡名 斎宮跡 第166次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 23
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字下園
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざしもぞの
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20091124-20100122
調査面積(㎡)
390
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
区画道路側溝
主な遺物
土師器
須恵器
緑釉陶器
墨書土器
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
遺跡名 斎宮跡 第167次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 24
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字西加座
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざにしかざ
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20100517-20100909
調査面積(㎡)
537
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
主な遺構
土坑
井戸
主な遺物
土師器
須恵器
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
掘立柱建物
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
灰釉陶器
緑釉陶器
白磁
土錘
石製紡錘車
鉄釘
特記事項
種別
官衙
時代
中世(細分不明)
近世(細分不明)
近代(細分不明)
主な遺構
主な遺物
土師器
山茶椀
陶器
近世陶磁器
特記事項 主な時代:鎌倉以降
遺跡名 斎宮跡 第168次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 25
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字西加座
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざにしかざ
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20100720-20100830
調査面積(㎡)
239
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
主な遺構
主な遺物
土師器
須恵器
志摩式製塩土器
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
灰釉陶器
墨書土器
特記事項
種別
官衙
時代
中世(細分不明)
近世(細分不明)
近代(細分不明)
主な遺構
主な遺物
土師器
陶器
天目茶椀
特記事項 主な時代:鎌倉以降
遺跡名 斎宮跡 第170-1次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 26
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
20110419-20110423
調査面積(㎡)
64
調査原因 樹木撤去及び抜根
遺跡概要
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
遺跡名 斎宮跡 第10次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 3
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字西前沖/西加座/柳原/牛葉
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざにしまえおき にしかざ やなぎはら うしば
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
197511-197701
調査面積(㎡)
5235
調査原因 道路建設
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
主な遺構
竪穴建物
主な遺物
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
掘立柱建物
井戸
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
緑釉陶器
灰釉陶器
円面硯
特記事項
種別
官衙
時代
鎌倉
主な遺構
主な遺物
特記事項
遺跡名 斎宮跡 第20次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 4
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
19790116-19790314
調査面積(㎡)
1280
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
掘立柱建物
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
黒色土器
緑釉陶器
灰釉陶器
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
遺跡名 斎宮跡 第28次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 5
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
19791208-19800310
調査面積(㎡)
1420
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
主な遺構
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
製塩土器
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
主な遺物
土師器
須恵器
緑釉陶器
灰釉陶器
刀子
特記事項
遺跡名 斎宮跡 第47次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 6
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字西加座/字御館/字宮ノ前/字上園
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざにしかざ あざみたち あざみやのまえ あざかみぞの
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
19821213-19830226
調査面積(㎡)
1653
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
主な遺構
竪穴建物
土坑
土器焼成坑
主な遺物
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
掘立柱建物
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
緑釉陶器
墨書土器
特記事項
種別
官衙
時代
鎌倉
主な遺構
主な遺物
土師器
土錘
鉄製刀
特記事項
遺跡名 斎宮跡 第55次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 7
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原/御館
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら みたち
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
19840721-19841003
調査面積(㎡)
1500
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
平安
主な遺構
掘立柱建物
土坑
主な遺物
土師器
須恵器
灰釉陶器
円面硯
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
遺跡名 斎宮跡 第103次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 8
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
19931004-19940125
調査面積(㎡)
1170
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
奈良
平安
鎌倉
主な遺構
掘立柱建物
柵列
土坑
道路
主な遺物
土師器
須恵器
緑釉陶器
灰釉陶器
特記事項 主な時代:奈良から鎌倉
北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
遺跡名 斎宮跡 第108次
遺跡名かな さいくうあと
本内順位 9
遺跡所在地 三重県多気郡明和町斎宮字柳原
所在地ふりがな みえけんたきぐんめいわちょうさいくうあざやなぎはら
市町村コード 24442
遺跡番号 210
北緯(日本測地系)度分秒 343212.5
東経(日本測地系)度分秒 1363656.5
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.5401 136.6128
調査期間
19941011-19950303
調査面積(㎡)
1100
調査原因 学術調査
遺跡概要
種別
官衙
時代
不明
主な遺構
掘立柱建物
柵列
土坑
区画道路側溝
主な遺物
土師器
須恵器
緑釉陶器
灰釉陶器
特記事項 北緯(日本測地系)34度31分55秒-34度32分30秒 東経(日本測地系)136度36分16秒-136度37分37秒
要約 史跡整備事業の実施にあたり、事業計画地である史跡東部方格地割の柳原区画で実施した昭和49年度から平成22年度までの調査成果(遺構)の総括を行った。
柳原区画は、平安時代に入り、区画中央に四面庇付建物が何度も建替えられており、前面の空閑地(「ニワ」)とあわせて、平安時代を通した斎宮の政治的・儀礼的空間であったと考えられ、「寮庁」の一画であったと判断されるようになった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 116
ファイルダウンロード数 : 58

全国のイベント

外部出力

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント