Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22085 件
( 前年度比 + 933 件 )
( 発行機関数 429 機関 )

前畑遺跡 Ⅱ

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/22700
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.22700
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 前畑遺跡 Ⅱ
書名かな まえはた いせき に
副書名 一般国道220号鹿屋バイパス建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 10
シリーズ名 鹿児島県立埋蔵文化財センター発掘調査報告書
シリーズ番号 133
編著者名
編集機関
鹿児島県立埋蔵文化財センター
発行機関
鹿児島県立埋蔵文化財センター
発行年月日 20081219
作成機関ID
郵便番号 8994318
電話番号 0995485811
住所 鹿児島県霧島市国分上野原縄文の森2番1号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 前畑遺跡 Ⅱ
遺跡名かな まえはたいせき に
本内順位
遺跡所在地 鹿児島県鹿屋市郷之原町
所在地ふりがな かごしまけん かのやし ごうのはらちょう
市町村コード 46203
遺跡番号 203-12-129
北緯(日本測地系) 312327
東経(日本測地系) 1304916
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
20050523-20071026
調査面積
1600
調査原因 一般国道220号鹿屋バイパス建設
種別
集落跡・散布地
主な時代 縄文早期後半+弥生中期後葉+中世+近世+近代
主な遺構 集石遺構,竪穴住居跡, 掘立柱建物跡, 土坑, 溝状遺構,掩体壕外壕, 誘導路
主な遺物 条痕文系土器 ,山形押形文土器, 平栫式土器, 異形石器,礫器,磨石,山ノ口式土器, 須玖式土器, 蓋,土製円盤, 磨製石鏃,磨製石斧,礫器, 敲石・棒状敲石・軽石製品,古銭,銃弾、薬莢、ガラス製品
特記事項
要約

 縄文時代早期後半の集石遺構が6基検出され,平栫式土器を中心に異形石器や礫器などが出土した。特に平栫式土器については,同型式内における土器変化がうかがえる良好な資料が確認された。共伴して出土した西北九州系サヌカイト製の異形石器からは,同時期における広域交流の様子をうかがい知ることができる。
 弥生時代中期後葉では,焼失した竪穴住居跡が1基,掘立柱建物跡1棟,土坑1基が検出された。弥生時代中期後葉における本遺跡の集落構成を捉えることができる。
また,遺構内及び周辺域では山ノ口式土器や須玖式土器,磨製石鏃や磨製石斧,礫器等が出土した。外来系の須玖式土器の出土は,当時の交流を知る手がかりになると思われる。
 近代では,本遺跡の南隣には太平洋戦争中に特攻基地があり,周辺には掩体壕及び誘導路があったことが知られている。本遺跡内でも,掩体壕外壕や誘導路などの遺構が検出され,銃弾や薬莢,ガラス製品が多数出土した。太平洋戦争中の施設・設備などについては,資料が重要な機密事項のため焼却された経緯等があり,戦中戦後の混乱の中で所在不明になった例も多い。その失われた資料を埋める,貴重な遺構・遺物であると捉えられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 12
ファイルダウンロード数 : 12

全国のイベント

鹿児島県 の開催中のイベント

内容が似ている報告書