Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
23457 件
( 発行機関数 454 機関 )
現在の書誌登録数
61761 件
( 前年度比 + 13136 件 )
( 発行機関数 1583 機関 )
現在の遺跡抄録件数
125923 件
( 前年度比 + 31805 件 )

中城御殿跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/22121
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.22121
引用表記 沖縄県立埋蔵文化財センター 2010 『沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書53:中城御殿跡1』沖縄県立埋蔵文化財センター
沖縄県立埋蔵文化財センター 2010 『中城御殿跡1』沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書53
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 中城御殿跡
発行(管理)機関 Banner 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
書名かな なかぐすくうどぅんあと
副書名 県営首里城公園中城御殿発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書
シリーズ番号 53
編著者名
編集機関
沖縄県立埋蔵文化財センター
発行機関
沖縄県立埋蔵文化財センター
発行年月日 20100331
作成機関ID 470007
郵便番号 9030125
電話番号 0988358752
住所 沖縄県中頭郡西原町字上原193-7
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
所収遺跡
遺跡名 中城御殿跡
遺跡名かな なかぐすくうどぅんあと
本内順位
遺跡所在地 沖縄県那覇市首里大中町 1 丁目1~3番
所在地ふりがな おきなわけんなはししゅりおおんかちょう1ちょうめ1~3ばん
市町村コード 47201
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 261315
東経(世界測地系) 1274305
調査期間
20071101-20071228
調査面積
118
調査原因 県営首里城公園整備事業
遺跡概要
種別
時代
近世(細分不明)
近代(細分不明)
主な遺構
石列
石敷
側溝等
主な遺物
中国産陶磁器
本土産陶磁器
その他輸入陶磁器
沖縄産陶器
タイ産褐釉陶器
半練土器
グスク土器
瓦質土器
円盤状製品
銭貨
金属製品
キセル
ボタン
貝製品
自然遺物
特記事項
要約  昭和61(1986)年11月28日に、首里城公園計画区域約17.8haのうち、城郭内側の区域約4haについて沖縄復帰を記念する国の都市公園整備事業(国営沖縄記念公園首里城地区)として、復元整備されることが閣議決定され、併せて城郭外側の区域約13.8haを県営公園事業として庁議決定された。昭和59(1984)年度に首里城公園基本計画調査委員会が策定した『首里城公園基本計画』および、昭和63(1988)年度に沖縄県土木建築部が策定した『首里城公園基本設計』に基づく復元整備を目的とした遺構確認調査である。
 発掘調査から石列・石敷、側溝等の遺構が確認され、瓦や塼、鉄・青銅製の釘、飾り金具等の建築資材が出土している。更に、14~15世紀の龍泉窯の青磁や16世紀の景徳鎮窯の青花、国産品では備前の擂鉢、17~18世紀の肥前産の磁器や明治以後の国産の染付等が出土しており、製作年代的に14世紀後半~15世紀前半から20世紀までの年代幅が広く、絶え間のない生活が伺える資料で、近世・近代の御殿の生活様式を知る上で貴重な資料が得られた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 66
ファイルダウンロード数 : 176

全国のイベント

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント