Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22287 件
( 前年度比 + 1135 件 )
( 発行機関数 431 機関 )

将監名遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21872
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21872
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 将監名遺跡
書名かな しょうげんみょういせき
副書名 浜松労災病院増改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 11
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20120326
作成機関ID 22000
郵便番号 4228002
電話番号 0542624261
住所 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 将監名遺跡
遺跡名かな しょうげんみょういせき
本内順位
遺跡所在地 静岡県浜松市東区将監町25
所在地ふりがな しずおかけんはままつしひがしくしょうげんちょう25
市町村コード 22132
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 344259
東経(世界測地系) 1374520
調査期間
20050408-20051031
20070601-20080331
20080402-20080808
調査面積
2915
3194
1194
調査原因 浜松労災病院増改築工事
種別
集落
墳墓
主な時代 弥生、古墳、古代、中世
主な遺構 住居址、土坑、環濠、方形周溝墓、土器棺、流路、井戸
主な遺物 弥生土器、土製品、石器、ガラス玉、須恵器、陶磁器
特記事項 鳥形土器、銅鐸の舌、有孔磨製石剣、独鈷石が出土
要約

 天竜川沖積平野の南部に位置し、天竜川によって形成された微高地上に形成された遺跡である。遺跡の時期は弥生時代中期から後期までが中心であり、一部古代から中世までの遺構が検出された。
 弥生時代中期の遺構は、住居址、土坑、環濠、方形周溝墓、土器棺が検出された。出土遺物は膨大な量にのぼり、西遠江の土器以外にも東遠江、三河、尾張の土器が出土し、特殊な遺物として鳥形土器、銅鐸の石製舌、有孔磨製石剣、独鈷石が出土したことから、将監名遺跡は周辺地域の中でも弥生時代中期における拠点集落であったと評価できる。
 弥生時代後期は方形周溝墓、土器棺、流路が主体となることから、将監名遺跡は、後期になると集落から墓域へ変化したことが伺え、弥生時代後期後半に終焉を迎える。
 古墳時代から中世の遺構として、流路と井戸が検出されたことから、当該期は水場として利用されたと考えられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 301
ファイルダウンロード数 : 173

全国のイベント

内容が似ている報告書