Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
23453 件
( 発行機関数 453 機関 )
現在の書誌登録数
61761 件
( 前年度比 + 13136 件 )
( 発行機関数 1583 機関 )
現在の遺跡抄録件数
125861 件
( 前年度比 + 31806 件 )

八幡沖遺跡発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21799
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21799
引用表記 公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター 2018 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財調査報告書677:八幡沖遺跡発掘調査報告書』岩手県県南広域振興局土木部一関土木センター他
公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター 2018 『八幡沖遺跡発掘調査報告書』岩手県文化振興事業団埋蔵文化財調査報告書677
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 八幡沖遺跡発掘調査報告書
発行(管理)機関 Banner (公財)岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター - 岩手県
書名かな はちまんおきいせきはっくつちょうさほうこくしょ
副書名 地域連携道路整備事業折壁地区室根バイパス関連遺跡発掘調査
巻次
シリーズ名 岩手県文化振興事業団埋蔵文化財調査報告書
シリーズ番号 677
編著者名
編集機関
公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター
発行機関
岩手県県南広域振興局土木部一関土木センター
公益財団法人岩手県文化振興事業団
発行年月日 20180309
作成機関ID 03000
郵便番号 0200853
電話番号 0196389001
住所 岩手県盛岡市下飯岡11地割185番地
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
所収遺跡
遺跡名 八幡沖遺跡
遺跡名かな はちまんおきいせき
本内順位
遺跡所在地 岩手県一関市室根町折壁字八幡沖・向山地内
所在地ふりがな いわてけんいちのせきしむろねちょうおりかべあざはちまんおき・むかいやまちない
市町村コード 03209
遺跡番号 NF93-1069
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 385558
東経(世界測地系) 1412629
調査期間
20140916-20141219
20150701-20151126
20160601-20160805
調査面積
14873
調査原因 地域連携道路整備事業折壁地区室根バイパス関連発掘調査
遺跡概要
種別
時代
縄文
主な遺構
陥し穴
溝跡
堀状遺構
土坑
主な遺物
縄文土器
石器
陶磁器
古銭(寛永通寶)
特記事項
要約  南から北へと張り出す細長い尾根に立地する遺跡である。尾根の頂部では、縄文時代は狩猟場として利用されており、円形・溝状といった形状の陥し穴が確認された。中~近世には、尾根と尾根の合間に堀状の溝を掘削し、鉱物資源採取のための土採りを行ったものと推測される。また、これらには、山上からの水脈を利用していた可能性が考えられる。これらは、現代まで用途を変え使用されており、遺跡下にあった水田等への配水として近年まで使用されていたようである。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 66
ファイルダウンロード数 : 66

全国のイベント

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント