Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22260 件
( 前年度比 + 1108 件 )
( 発行機関数 431 機関 )

アラク遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21786
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21786
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 アラク遺跡
書名かな あらくいせき
副書名 新東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 53
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20160331
作成機関ID 22000
郵便番号 4220882
電話番号 0542624261
住所 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 アラク遺跡
遺跡名かな あらくいせき
本内順位
遺跡所在地 静岡県御殿場市茱萸沢字アラク901番地
所在地ふりがな しずおかけんごてんばしぐみざわあざあらく901ばんち
市町村コード 22215
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 351835
東経(世界測地系) 1385506
調査期間
20131007-20131031
20140620-20140903
調査面積
727
720
調査原因 新東名建設事業
種別
散布地
主な時代 古代、鎌倉、近世、近代
主な遺構 土坑、溝、小穴
主な遺物 土師器片、国産陶磁器(肥前)、軽石
特記事項
要約

 アラク遺跡は標高495mの東に下る斜面緩やかにの西端部に立地する。遺跡の立地する地域は、約2,900年前に発生した御殿場岩屑なだれによる堆積物と、それに後続する第四紀古富士泥流層の扇状地堆積物(御殿場泥流層)に覆われており、それが遺跡の基盤層を形成している。発掘調査前の当地の用途は水田であった。2013年の試掘確認調査では、5箇所の試掘確認調査坑を設定し調査した。その結果に基づき、遺構が集中していると想定された地点で、2014年に本発掘調査を実施した。アラク遺跡の本調査で検出した遺構は、土坑が31基、溝状遺構3基、小穴2基である。土坑の多くは、隅丸長方形か、または長楕円形の平面形状を有する大型の土坑である。遺物が出土した土坑は土師器と近世土器が混在して出土したものが多く、近世以降の遺構であろうと考えられる。遺物が出土しなかった土坑も覆土からみて近世以降のものであろう。溝状遺構と小穴からは遺物は出土しなかったが、覆土からみて近世以降のものである。ただし、小穴は建物の柱穴かどうかは不明である。今回の長大な土坑群は、宝永スコリアの除去を直接の目的とするものではなく、農地で一般的に行われる通常の天地返し痕であろう。人間の居住に直接関係すると思われる遺構はほとんど無く、遺物も少ない。したがって今回の調査地点は集落等の遺跡の可能性は低く、農耕関連の遺跡と捉えるのが妥当である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 71
ファイルダウンロード数 : 26

全国のイベント

内容が似ている報告書