Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
23468 件
( 発行機関数 454 機関 )
現在の書誌登録数
61769 件
( 前年度比 + 13144 件 )
( 発行機関数 1583 機関 )
現在の遺跡抄録件数
125968 件
( 前年度比 + 31842 件 )

埼玉県春日部市 神明貝塚総括報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21773
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21773
引用表記 春日部市教育委員会 2018 『春日部市埋蔵文化財発掘調査報告書20:埼玉県春日部市 神明貝塚総括報告書』春日部市教育委員会
春日部市教育委員会 2018 『埼玉県春日部市 神明貝塚総括報告書』春日部市埋蔵文化財発掘調査報告書20
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 埼玉県春日部市 神明貝塚総括報告書
書名かな さいたまけんかすかべし しんめいかいづかそうかつほうこくしょ
副書名
巻次
シリーズ名 春日部市埋蔵文化財発掘調査報告書
シリーズ番号 20
編著者名
編集機関
春日部市教育委員会
発行機関
春日部市教育委員会
発行年月日 20180323
作成機関ID 11214
郵便番号 3440062
電話番号 0487632449
住所 埼玉県春日部市粕壁東三丁目2番15号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
所収遺跡
遺跡名 神明貝塚
遺跡名かな しんめいかいづか
本内順位
遺跡所在地 埼玉県春日部市西親野井
所在地ふりがな さいたまけんかすかべしにしおやのい
市町村コード 11214
遺跡番号 091001
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
調査面積
調査原因
遺跡概要
種別
貝塚
集落
時代
縄文
古墳
主な遺構
住居跡
土坑
焼土跡
灰溜り
主な遺物
土器
石器
土製品
石製品
骨角製品
貝製品
土偶
特記事項
要約 神明貝塚は市域北東部に所在し、西側で北葛飾郡杉戸町、江戸川を挟んで東側で千葉県野田市に隣接する。遺跡は下総台地宝珠花支台に立地し、標高約10m、低地との比高差約3mを測る。遺跡の東側には、中川低地から北方向に発達した開析谷が眼前まで迫っている。遺跡の範囲は杉戸町まで延びているが、貝塚自体は春日部市域で収まっており、東西160m、南北140mの環状を呈し、北東部に開口し、馬蹄形となる。貝種は汽水性のヤマトシジミを主体とし、僅かに鹹水性のカキやハマグリ等が含まれる。
 神明貝塚における発掘調査は、昭和36年度の埼玉県立浦和第一女子高等学校の郷土研究部によって実施された調査まで遡る。昭和40年度には遺跡の様相を明らかにするために2次調査を実施し、縄文時代後期の住居跡のほか、埋葬人骨2体が出土し、遺跡の保存に向けた機運が高まった。昭和53年度には史跡化へ向け3次調査を行い、貝塚の詳細な範囲が示されることとなった。その後、遺跡内で大きな動きはなかったものの、平成14年になり遺跡内を縦断する農道整備工事が計画され、それに先立って4次調査を実施し、後期前葉の住居跡とともに馬蹄形貝塚の東端を検出した。平成17年度の市町合併以降、春日部市総合振興計画に則り、神明貝塚の国史跡化に向けた保存目的調査を平成21~28年度まで継続的に実施し、貝塚範囲の把握、住居構造の解明、特殊遺構(焼土跡、灰溜り)や埋葬人骨3体の検出といった多大な成果を挙げることができた。
 これまでの調査によって、神明貝塚は、ほぼ完全な形で現存し、奥東京湾岸に所在する貝塚の中でも最大級の規模を測り、さらには奥東京湾最奥部に位置する汽水域の貝塚の特性が明確となった。また、貝塚の存続期間が堀之内1式~加曾利B2式までと限定されており、縄文時代後期前半の人々の営みを端的に示すことのできる遺跡であることも判明した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 1090
ファイルダウンロード数 : 809

本文頻出用語

全国のイベント

内容が似ている報告書