Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22287 件
( 前年度比 + 1135 件 )
( 発行機関数 431 機関 )

富士石遺跡Ⅱ 第二東名№142地点 旧石器時代(AT上位)~縄文時代初頭編

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21602
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21602
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 富士石遺跡Ⅱ 第二東名№142地点 旧石器時代(AT上位)~縄文時代初頭編
書名かな ふじいしいせきに だいにとうめいなんばーひゃくよんじゅうにちてん 旧石器時代(えーてぃーじょうい)からじょうもんじだいしょとうへん
副書名 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 長泉町-10
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 3
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20120131
作成機関ID 22000
郵便番号 4228002
電話番号 0542624261
住所 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
第1分冊 第2分冊
遺跡
遺跡名 富士石遺跡
遺跡名かな ふじいしいせき
本内順位
遺跡所在地 静岡県駿東郡長泉町東野八分平285-18外
所在地ふりがな しずおかけんすんとうぐんながいずみちょうはちぶだいら285-18ほか
市町村コード 22342
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 350953
東経(世界測地系) 1385244
調査期間
20001100-20010300
20010700-20010800
20011000-20050100
20071100-20090300
調査面積
52365
調査原因 第二東名建設事業
種別
集落
主な時代 旧石器+縄文
主な遺構 石器集中、礫群、土坑
主な遺物 石製装飾品、尖頭器、角錐状石器、ナイフ形石器、切出形石器、台形石器、彫器、掻器、削器、石錐、楔形石器、基部加工石刃、石刃、細石器、剥片、砕片、細石刃核、石核、原石、礫器、敲石、磨石、台石、有茎尖頭器
特記事項
要約

 富士石遺跡は後期旧石器時代から中世にわたる複合遺跡である。本書ではそのうち後期旧石器時代後半、第Ⅰ黒色帯から休場層、及び縄文時代初頭の調査成果を収録した。後期旧石器時代後半はⅩⅣ~ⅩⅥの6枚の文化層に整理しており、特に第ⅩⅤ文化層(第Ⅰ黒色帯上部)で大規模な石器製作跡が調査された他、第ⅩⅧ文化層では尖頭器石器群のまとまった資料が得られた。また、第ⅩⅦ文化層では出土例の少ない石製装飾品が出土しており、旧石器時代の芸術表現や精神生活の一端を示す資料として特筆される。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 132
ファイルダウンロード数 : 90

全国のイベント