Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
PDFがある書誌登録数
22709 件
( 発行機関数 430 機関 )
現在の書誌登録数
31971 件
( 前年度比 + 10822 件 )
( 発行機関数 529 機関 )
現在の遺跡抄録件数
56803 件
( 前年度比 + 20347 件 )

史跡讃岐国分尼寺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/20882
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.20882
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 史跡讃岐国分尼寺跡
書名かな しせきさぬきこくぶんにじあと
副書名 -第7~14次確認調査-
巻次
シリーズ名 高松市埋蔵文化財調査報告
シリーズ番号 第183集
編著者名
編集機関
高松市教育委員会
発行機関
発行年月日 20170331
作成機関ID 37201
郵便番号 7608571
電話番号 0878392660
住所 香川県高松市番町一丁目8番15号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
所収遺跡
遺跡名 史跡讃岐国分尼寺跡
遺跡名かな しせきさぬきこくぶんにじあと
本内順位
遺跡所在地 香川県高松市国分寺町新居
所在地ふりがな かがわけんたかまつしこくぶんじちょうにい
市町村コード 37201
遺跡番号
北緯(日本測地系) 341837
東経(日本測地系) 1335745
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
20080401-20170331
調査面積
452.5
調査原因 範囲内用確認調査
遺跡概要
種別
社寺
時代
主な遺構
講堂跡
尼房跡
その他の遺構
主な遺物
石鏃
土師器
須恵器
土師質土器
陶磁器
石製品
特記事項
要約 史跡讃岐国分尼寺跡の基礎調査として実施した確認調査の第7~14次調査の記録である。調査によって、講堂跡、尼房跡と考えられる大型の礎石建物跡を確認するとともに、遺構が残存していることが明らかとなった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 89
ファイルダウンロード数 : 77

全国のイベント

内容が似ている報告書