Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
23764 件
( 発行機関数 463 機関 )
現在の書誌登録数
62387 件
( 前年度比 + 13932 件 )
( 発行機関数 1584 機関 )
現在の遺跡抄録件数
126895 件
( 前年度比 + 32974 件 )

宮ノ浦遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/20763
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.20763
引用表記 高松市教育委員会 2015 『高松市埋蔵文化財調査報告第158集:宮ノ浦遺跡』
高松市教育委員会 2015 『宮ノ浦遺跡』高松市埋蔵文化財調査報告第158集
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 宮ノ浦遺跡
書名かな みやのうらいせき
副書名 高松市立三渓小学校校舎増築に伴う埋蔵文化財調査報告書
巻次
シリーズ名 高松市埋蔵文化財調査報告
シリーズ番号 第158集
編著者名
編集機関
高松市教育委員会
発行機関
発行年月日 20150331
作成機関ID 37201
郵便番号 7608571
電話番号 0878392660
住所 香川県高松市番町一丁目8番15号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 宮ノ浦遺跡
遺跡名かな みやのうらいせき
本内順位
遺跡所在地 香川県高松市三谷町
所在地ふりがな かがわけんたかまつしみたにちょう
市町村コード 37201
遺跡番号
北緯(日本測地系) 341625
東経(日本測地系) 1340408
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
20140722-20140801
20140902-20140922
調査面積
260(総面積400)
調査原因 校舎増築工事
遺跡概要
種別
散布地
その他
時代
弥生
主な遺構
土坑
柱穴
主な遺物
弥生土器
須恵器
石製品
特記事項 種別:自然流路 溝 柱穴
主な時代:弥生後期
要約 今回の調査では、遺構ならびに遺物は非常に希薄ではあったものの、主に弥生時代後期と推測される溝、自然流路、柱穴、土坑を確認した。
いずれの遺構も南北方向に伸びており、遺跡周辺が谷間に位置するという遺構形成時の地形環境が再確認できた。今回の調査では、高松平野の旧地形に沿った土地利用の一片が垣間見られ、貴重な資料となった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 107
ファイルダウンロード数 : 50

全国のイベント

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント