Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22256 件
( 前年度比 + 1104 件 )
( 発行機関数 431 機関 )

坂手隈城跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/18967
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.18967
ファイル
書名 坂手隈城跡
書名かな さかてくまじょうあと
副書名 三口浄水場排水処理施設建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 中津市文化財調査報告
シリーズ番号 52
編著者名
編集機関
中津市教育委員会
発行機関
中津市教育委員会
発行年月日 20110331
作成機関ID
郵便番号 8718501
電話番号 0979221111
住所 大分県中津市豊田町14番地3
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 坂手隈城跡
遺跡名かな さかてくまじょうあと
本内順位 1
遺跡所在地 大分県中津市大字相原3189番地1他
所在地ふりがな おおいたけんなかつしおおあざあいはら
市町村コード 44203
遺跡番号 203060
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 333340
東経(世界測地系) 1311132
調査期間
20060410-20060804
調査面積
2100
調査原因 排水処理施設建設
種別
集落・墓
主な時代 古代・中世
主な遺構 火葬墓・土坑・溝状遺構
主な遺物 須恵器・土師器・鉄器・瓦質土器・瓦
特記事項 副葬品をもつ古代の火葬墓
要約

西区において、古代の火葬墓を2基確認した。このうち1基は、墳丘をもつ8世紀中頃~後半の遺構で副葬品を伴っていた。付近の古代火葬墓に副葬品を伴う例は見られず、貴重な発見となった。東区では中世の水田に伴うと考えられる溝状遺構を確認した。埋土から相原廃寺に使用されたものと同じ型の平瓦が出土している。付近に存在した瓦葺建物のものか、遺構廃棄に伴う祭祀行為に使用した遺物であるのか明らかにできなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 130
ファイルダウンロード数 : 73

全国のイベント

大分県 の今後のイベント

内容が似ている報告書