Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22085 件
( 前年度比 + 933 件 )
( 発行機関数 429 機関 )

久米高畑遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/12020
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.12020
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 久米高畑遺跡
書名かな くめたかばたけいせき
副書名 38次・39次・43次・46次調査 国庫補助市内遺跡発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 松山市文化財調査報告書
シリーズ番号 158
編著者名
編集機関
財団法人松山市文化・スポーツ振興財団埋蔵文化財センター
発行機関
松山市教育委員会
発行年月日 20120331
作成機関ID 38201
郵便番号 791-8032
電話番号 089-923-6363
住所 松山市南斎院町乙67番地6
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 久米高畑遺跡 第38次
遺跡名かな くめたかばたけいせき
本内順位
遺跡所在地 愛媛県松山市南久米町768番1の一部
所在地ふりがな えひめけんまつやましみなみくめまち
市町村コード 38201
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 334834
東経(世界測地系) 1324807
調査期間
19971120-19971218
調査面積
11
調査原因 重要遺跡確認調査
種別
官衙
主な時代 古代
主な遺構 官衙-古代-正倉院の東濠-須恵器+土師器/官衙-弥生、古墳-土坑+柱穴
主な遺物
特記事項 久米官衙遺跡群の代表的な施設である正倉院の濠と敷地内部における4件の発掘調査報告である。38次で東濠北部、39次調査で北濠中央西寄りの地点で濠の位置を確定し、各濠の全長と方向角の正確な数値を得た。43次と46次はともに敷地内部における調査である。46次では官衙関連遺構は検出されなかったことから、付近は正倉院の広場に当たっている可能性が高いと判断している。43次で検出の2棟並びの東西棟は、南濠の北約30m地点に東西に並び建つ倉と屋の列を構成する掘立柱建物である。このうち、東側の掘立001には、後に間仕切りのための柱が1本追加されており、その際に地下に据え付けられたとみられる礎石を1基検出している。このほか、この建物に重複する掘立003においては、柱穴の底に礫が敷き詰められた状態が確認されており、礎石の根石ではないかとする見方もあって注目している。ただし、様々な視点から検証した結果、礎石建物か否かの結論を得るには至らず、総柱構造ではなく側柱建物ではないかと推測するに至っている。時期的に古い特徴も併せ持つ建物であることから、遺跡群Ⅱ期以前に遡るとする正倉院の起源を考える上で重要な建物であると認識しているが、得られた情報が断片的すぎたため、結論を得ることはできなかった。なお、43次ではこのほかに中世の溝1条と墓1基を検出している。ともに12世紀後半から13世紀代に付近で耕作地の開発が本格的に始まった頃の様相を示す遺構である。溝出土鉄製品と墓出土土師器の存在は重要である。
遺跡名 久米高畑遺跡 第39次
遺跡名かな くめたかばたけいせき
本内順位
遺跡所在地 愛媛県松山市南久米町779番1の一部
所在地ふりがな えひめけんまつやましみなみくめまち
市町村コード 38201
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 334835
東経(世界測地系) 1324803
調査期間
19971120-19971218
調査面積
45
調査原因 重要遺跡確認調査
種別
官衙
主な時代 古代
主な遺構 官衙-古代-正倉院の北濠+低地-須恵器+土師器+弥生土器+瓦
主な遺物
特記事項 久米官衙遺跡群の代表的な施設である正倉院の濠と敷地内部における4件の発掘調査報告である。38次で東濠北部、39次調査で北濠中央西寄りの地点で濠の位置を確定し、各濠の全長と方向角の正確な数値を得た。43次と46次はともに敷地内部における調査である。46次では官衙関連遺構は検出されなかったことから、付近は正倉院の広場に当たっている可能性が高いと判断している。43次で検出の2棟並びの東西棟は、南濠の北約30m地点に東西に並び建つ倉と屋の列を構成する掘立柱建物である。このうち、東側の掘立001には、後に間仕切りのための柱が1本追加されており、その際に地下に据え付けられたとみられる礎石を1基検出している。このほか、この建物に重複する掘立003においては、柱穴の底に礫が敷き詰められた状態が確認されており、礎石の根石ではないかとする見方もあって注目している。ただし、様々な視点から検証した結果、礎石建物か否かの結論を得るには至らず、総柱構造ではなく側柱建物ではないかと推測するに至っている。時期的に古い特徴も併せ持つ建物であることから、遺跡群Ⅱ期以前に遡るとする正倉院の起源を考える上で重要な建物であると認識しているが、得られた情報が断片的すぎたため、結論を得ることはできなかった。なお、43次ではこのほかに中世の溝1条と墓1基を検出している。ともに12世紀後半から13世紀代に付近で耕作地の開発が本格的に始まった頃の様相を示す遺構である。溝出土鉄製品と墓出土土師器の存在は重要である。
遺跡名 久米高畑遺跡 第43次
遺跡名かな くめたかばたけいせき
本内順位
遺跡所在地 愛媛県松山市来住町1153番2・1153番13
所在地ふりがな えひめけんまつやましみなみくめまち
市町村コード 38201
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 334832
東経(世界測地系) 1324805
調査期間
19990804-19991104
調査面積
282.11
調査原因 個人住宅による本発掘調査
種別
官衙
主な時代 古代/古墳/中世
主な遺構 官衙-古代-正倉院の掘立柱建物2棟-須恵器+瓦/集落-古墳-掘立柱建物1棟/集落-中世-溝-鉄製品・土師器の皿/集落-中世-墓-土師器の坏と皿/集落-中世-低地-陶磁器
主な遺物
特記事項 久米官衙遺跡群の代表的な施設である正倉院の濠と敷地内部における4件の発掘調査報告である。38次で東濠北部、39次調査で北濠中央西寄りの地点で濠の位置を確定し、各濠の全長と方向角の正確な数値を得た。43次と46次はともに敷地内部における調査である。46次では官衙関連遺構は検出されなかったことから、付近は正倉院の広場に当たっている可能性が高いと判断している。43次で検出の2棟並びの東西棟は、南濠の北約30m地点に東西に並び建つ倉と屋の列を構成する掘立柱建物である。このうち、東側の掘立001には、後に間仕切りのための柱が1本追加されており、その際に地下に据え付けられたとみられる礎石を1基検出している。このほか、この建物に重複する掘立003においては、柱穴の底に礫が敷き詰められた状態が確認されており、礎石の根石ではないかとする見方もあって注目している。ただし、様々な視点から検証した結果、礎石建物か否かの結論を得るには至らず、総柱構造ではなく側柱建物ではないかと推測するに至っている。時期的に古い特徴も併せ持つ建物であることから、遺跡群Ⅱ期以前に遡るとする正倉院の起源を考える上で重要な建物であると認識しているが、得られた情報が断片的すぎたため、結論を得ることはできなかった。なお、43次ではこのほかに中世の溝1条と墓1基を検出している。ともに12世紀後半から13世紀代に付近で耕作地の開発が本格的に始まった頃の様相を示す遺構である。溝出土鉄製品と墓出土土師器の存在は重要である。
遺跡名 久米高畑遺跡 第46次
遺跡名かな くめたかばたけいせき 
本内順位
遺跡所在地 愛媛県松山市来住町1155番4
所在地ふりがな えひめけんまつやましみなみくめまち
市町村コード 38201
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 334833
東経(世界測地系) 1324805
調査期間
20000417-20000719
調査面積
135
調査原因 個人住宅による本発掘調査
種別
集落
主な時代 弥生
主な遺構 集落-弥生-掘立柱建物?+溝+低地-弥生土器+石器
主な遺物
特記事項 久米官衙遺跡群の代表的な施設である正倉院の濠と敷地内部における4件の発掘調査報告である。38次で東濠北部、39次調査で北濠中央西寄りの地点で濠の位置を確定し、各濠の全長と方向角の正確な数値を得た。43次と46次はともに敷地内部における調査である。46次では官衙関連遺構は検出されなかったことから、付近は正倉院の広場に当たっている可能性が高いと判断している。43次で検出の2棟並びの東西棟は、南濠の北約30m地点に東西に並び建つ倉と屋の列を構成する掘立柱建物である。このうち、東側の掘立001には、後に間仕切りのための柱が1本追加されており、その際に地下に据え付けられたとみられる礎石を1基検出している。このほか、この建物に重複する掘立003においては、柱穴の底に礫が敷き詰められた状態が確認されており、礎石の根石ではないかとする見方もあって注目している。ただし、様々な視点から検証した結果、礎石建物か否かの結論を得るには至らず、総柱構造ではなく側柱建物ではないかと推測するに至っている。時期的に古い特徴も併せ持つ建物であることから、遺跡群Ⅱ期以前に遡るとする正倉院の起源を考える上で重要な建物であると認識しているが、得られた情報が断片的すぎたため、結論を得ることはできなかった。なお、43次ではこのほかに中世の溝1条と墓1基を検出している。ともに12世紀後半から13世紀代に付近で耕作地の開発が本格的に始まった頃の様相を示す遺構である。溝出土鉄製品と墓出土土師器の存在は重要である。
要約

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 67
ファイルダウンロード数 : 84

全国のイベント

内容が似ている報告書