奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
30331 件
( 発行機関数 600 機関 )
現在の書誌登録数
112714 件
( 前年度比 + 24774 件 )
( 発行機関数 1859 機関 )
現在の遺跡抄録件数
138782 件
( 前年度比 + 2865 件 )
現在の文化財論文件数
23329 件
( 前年度比 + 22512 件 )
現在の文化財動画件数
699 件
( 前年度比 + 289 件 )
( 登録機関数 68 機関 )
文化財イベント件数
605 件
( 前年度比 + 97 件 )
※過去開催分含む

跡堀遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/115242
引用表記 公益財団法人かながわ考古学財団 2021 『かながわ考古学財団調査報告323:跡堀遺跡3』公益財団法人かながわ考古学財団
公益財団法人かながわ考古学財団 2021 『跡堀遺跡3』かながわ考古学財団調査報告323
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=実佳子|last=川嶋|first2=香|last2=宮井|first3=淳一|last3=宮坂|first4=稔|last4=岡|first5=英政|last5=菊川|title=跡堀遺跡|origdate=2021-03-30|date=2021-03-30|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/115242|location=神奈川県横浜市南区中村町3-191-1|ncid=BC0651908X|series=かながわ考古学財団調査報告|volume=323}} 閉じる
ファイル
3次元画像
書名 跡堀遺跡
発行(管理)機関 (公財)かながわ考古学財団 - 神奈川県
書名かな あとぼり いせき
副書名
巻次 3
シリーズ名 かながわ考古学財団調査報告
シリーズ番号 323
編著者名
編集機関
公益財団法人かながわ考古学財団
発行機関
公益財団法人かながわ考古学財団
発行年月日 20210330
作成機関ID
郵便番号 2320033
電話番号 0452528689
住所 神奈川県横浜市南区中村町3-191-1
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
所収遺跡
遺跡名 跡堀遺跡
遺跡名かな あとぼりいせき
本内順位
遺跡所在地 神奈川県海老名市門沢橋705他
所在地ふりがな かながわけんえびなしかどさわばし705ほか
市町村コード 14215
遺跡番号 82
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 352432.33
東経(世界測地系)度分秒 1392230.44
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.40898 139.375122
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
調査期間
20130401-20140815
調査面積(㎡)
2295
調査原因 道路建設
遺跡概要
種別
集落
散布地
時代
弥生
古墳
主な遺構
竪穴住居跡13
土坑2
畝状遺構1
主な遺物
土器
土製品
石器
石製品
特記事項 遺跡の北西部に集落跡の発見。
種別
集落
散布地
時代
古墳
古代(細分不明)
主な遺構
竪穴住居跡15
竪穴状遺構1
土坑21
溝状遺構5
畝状遺構1
硬化面1
焼土跡1
遺物集中4
旧河道2
主な遺物
土師器
須恵器
灰釉陶器
緑釉陶器
土製品
金属製品
石製品
特記事項 旧河道流路の発見。
種別
集落
散布地
時代
中世(細分不明)
主な遺構
土坑9
井戸跡9
溝状遺構6
主な遺物
陶器
炻器
舶載磁器
かわらけ
金属製品
石製品
木製品
動物遺体
特記事項 全長約120mの直線状の溝状遺構の追認。
種別
集落
散布地
時代
近世(細分不明)
主な遺構
掘立柱建物跡2
竪穴状遺構2
土坑64
土坑墓10
井戸跡5
溝状遺構44
畝状遺構16
水田跡2
ピット列2
硬化面1
主な遺物
陶磁器
炻器
土器
土製品
金属製品
石製品
木製品
動物遺体
特記事項 遺跡の南部域、北部域を耕作地、中央部を居住域、墓域として利用。
要約 跡堀遺跡は相模川左岸の自然堤防状に立地し、弥生時代後期~古墳時代前期、古墳時代後期~奈良・平安時代、中世、近世以降にわたる、遺構・遺物が確認された。1次調査では中世の建物群が発見され、2次調査では中世の遺構は少なく、近世及び平安時代以前の集落や耕作跡が比較的多く発見された。5次調査にあたる今回の調査では、弥生時代後期から古墳時代では北西部に集落があり、自然堤防上における当該期の他の遺跡同様、生活の場であったことがうかがえる。古墳時代後期から奈良・平安時代では、旧河道を利用する当該期の生活の場であったと考えられる。中世では1次、2次調査で発見されている全長約120mの溝状遺構の継続部分が確認できた。近世以降は主に畝状遺構を中心とする耕作地、そして掘立柱建物跡や井戸跡、土坑墓などの生活域という土地利用の違いが確認され、2次調査の成果を追認する内容となった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 11
ファイルダウンロード数 : 0

全国のイベント

外部出力