Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22252 件
( 前年度比 + 1100 件 )
( 発行機関数 431 機関 )

金毘羅山遺跡Ⅰ・塔の山南遺跡・庵の谷遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/11192
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.11192
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 金毘羅山遺跡Ⅰ・塔の山南遺跡・庵の谷遺跡
書名かな こんぴらやまいせきいちとうのやまみなみいせきあんのたにいせき
副書名
巻次
シリーズ名 四国横断自動車道建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告
シリーズ番号 36
編著者名
編集機関
香川県埋蔵文化財調査センター
発行機関
香川県教育委員会
香川県埋蔵文化財調査センター
日本道路公団
香川県土木部
発行年月日 20000831
作成機関ID 370002
郵便番号 7620024
電話番号 0877482191
住所 香川県坂出市府中町南谷5001-4
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 金毘羅山
遺跡名かな こんぴらさん
本内順位
遺跡所在地 香川県大川郡大内町水主
所在地ふりがな かがわけんおおかわぐんおおちちょうみずし
市町村コード 373036
遺跡番号
北緯(日本測地系) 341402
東経(日本測地系) 1341924
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
19980507-19980831
調査面積
3600
調査原因 四国横断自動車道建設に伴う調査
種別
集落
主な時代 縄文早期末/前期前葉/縄文中期/縄文晩期/弥生中期/弥生後期/古墳前期/古墳後期/終末期/中世/近世以降
主な遺構 集落-縄文早期末/前期前葉-遺構なし-縄文土器+玦状耳飾/集落-縄文中期-遺構なし-縄文土器/集落-縄文晩期-遺構なし-突帯文土器+磨製石斧/集落-弥生中期-溝跡+川跡-弥生土器/集落-弥生後期-竪穴住居跡+土坑+川跡-弥生土器+石器/集落-古墳前期-土坑-土師器/集落-古墳後期/終末期-竪穴住居跡+掘立柱建物跡+川跡-土師器+須恵器+鉄鎌+鉄鎌/集落-中世-掘立柱建物跡+土坑-土師器+黒色土器+瓦器+備前焼+中国産陶磁器+土錘+銅銭+壁土/集落-近世以降-土坑+砂糖竃+井戸-焙烙+国産陶磁器+瓦
主な遺物
特記事項
遺跡名 塔の山南
遺跡名かな とうのやまみなみ
本内順位
遺跡所在地 香川県大川郡大内町杖の端
所在地ふりがな かがわけんおおかわぐんおおちちょうつえののはな
市町村コード 373036
遺跡番号
北緯(日本測地系) 341358
東経(日本測地系) 1341939
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
19990101-19990326
調査面積
1300
調査原因 四国横断自動車道建設に伴う調査
種別
主な時代 弥生終末
主な遺構 墓-弥生終末-石蓋土坑墓+箱式石棺墓+土坑墓-弥生土器
主な遺物
特記事項
遺跡名 庵の谷
遺跡名かな あんのたに
本内順位
遺跡所在地 香川県大川郡引田町黒羽
所在地ふりがな かがわけんおおかわぐんひけたちょうくれは
市町村コード 373010
遺跡番号
北緯(日本測地系) 341209
東経(日本測地系) 1342459
北緯(世界測地系)
東経(世界測地系)
調査期間
19971001-19980331
調査面積
3000
調査原因 四国横断自動車道建設に伴う調査
種別
集落
主な時代 弥生中期/弥生後期初頭/中世
主な遺構 集落-弥生中期/弥生後期初頭-竪穴住居跡+土坑-弥生土器+石器+石錘+管玉+垂玉/集落-中世-掘立柱建物跡-土師器+鉄器+銅銭
主な遺物
特記事項
要約

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 217
ファイルダウンロード数 : 375

全国のイベント

内容が似ている報告書