奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
37841 reports
( Participation 722 Orgs )
report count
132036 reports
( compared to the privious fiscal year + 289 reports )
( Participation 1908 Orgs )
site summary count
146276 reports
( compared to the privious fiscal year + 536 reports )
Article Collected
119356 reports
( compared to the privious fiscal year + 238 reports )
video count
1213 reports
( compared to the privious fiscal year + 24 reports )
( Participation 109 Orgs )
Event Collected
1067 reports
( compared to the privious fiscal year + 12 reports )
※過去開催分含む
Report Type List > map > 植木町遺跡地図

植木町遺跡地図

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/46115
For Citation 植木町教育委員会 1999 『植木町文化財調査報告書10:植木町遺跡地図』植木町教育委員会
植木町教育委員会 1999 『植木町遺跡地図』植木町文化財調査報告書10
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=幹彦|last=中原|title=植木町遺跡地図|origdate=1999-03-31|date=1999-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/46115|location=熊本県鹿本郡植木町岩野238-1|ncid=BA44157182|series=植木町文化財調査報告書|volume=10}} 閉じる
File
Title 植木町遺跡地図
Participation-organizations 熊本市 - 熊本県
Alternative うえきまちいせきちず
Subtitle 町内遺跡詳細分布調査
Volume
Series 植木町文化財調査報告書
Series Number 10
Author
Editorial Organization
植木町教育委員会
Publisher
植木町教育委員会
Publish Date 19990331
Publisher ID
ZIP CODE 861-0136
TEL 096-272-0551
Aaddress 熊本県鹿本郡植木町岩野238-1
Report Type Codes
map
NII Type Research Paper
Research Report 掲載されている(発掘調査報告書総目録の掲載対象)
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Articles
Site
Site Name 町内遺跡
Site Name Transcription ちょうないいせき
Order in book 1
Address 熊本県鹿本郡植木町
Address Transcription くまもとけんかもとぐんうえきまち
City Code 43385
Site Number 001から378
North Latitude (JGD) 325401
East Longitude (JGD) 1304148
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
Dd X Y 32.9036 130.6943
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
19960521-19990331
Research Space
23
Research Causes 町内遺跡詳細分布調査
OverView
Site Type
集落
貝塚
官衙
城館
その他の生産遺跡
古墳
横穴
社寺
散布地
Main Age
旧石器
縄文
弥生
古墳
古代(細分不明)
鎌倉
室町
江戸
明治
Main Features
古墳
横穴群
城館跡
窯跡
住居跡
Main Foundings
縄文式土器
石器
弥生式土器
土師器
須恵器
埴輪
青磁
布目瓦
鉄滓
陶器
Remark ほぼすべての台地上に遺物散布が認められた結果遺跡数は倍増した。各時代の遺物によって町全体の時代ごとの姿がおぼろげながら浮んできた。
Abstract

Related Cultual Data

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 355
File download : 0

All Events

外部出力