奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27142 reports
( Participation 530 Orgs )
report count
86897 reports
( compared to the privious fiscal year + 18260 reports )
( Participation 1726 Orgs )
site summary count
135880 reports
( compared to the privious fiscal year + 4723 reports )
video count
348 reports
( compared to the privious fiscal year + 348 reports )
( Participation 35 Orgs )
文化財イベント件数
487 reports
( compared to the privious fiscal year + 72 reports )
※過去開催分含む
Prefecture List > All Prefecture > 厚真町富里3遺跡

厚真町富里3遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/28018
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.28018
引用表記 公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター 2016 『公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書326:厚真町富里3遺跡』公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター
公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター 2016 『厚真町富里3遺跡』公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書326
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 厚真町富里3遺跡
Participation-organizations (公財)北海道埋蔵文化財センター - 北海道
Alternative あつまちょうとみさと3いせき
Subtitle 勇払東部(二期)地区厚幌導水路工事用地内埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 326
Author
Editorial Organization
公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター
Publisher
公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター
Publish Date 20160325
Publisher ID
ZIP CODE 069-0832
TEL 011-386-3231
Aaddress 北海道江別市西野幌685番地1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 富里3遺跡
Site Name Transcription とみさと3いせき
Order in book
Address 北海道勇払郡厚真町字富里322-3から5、322-11
Address Transcription ほっかいどうゆうふつぐんあつまちょうあざとみさと322-3から5、325-11
City Code 01371
Site Number J-13-133
North Latitude (JGD) 424523
East Longitude (JGD) 1415530
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 42.7589 141.9213
Research Period
20150512-20150612
Research Space
303
Research Causes 厚幌導水路工事に伴う事前調査
OverView
Site Type
散布地
その他
Main Age
縄文
アイヌ文化期
Main Features
灰集中1
柱穴状小土坑2
Tピット1
Main Foundings
Remark
Abstract [富里3遺跡 要約]
富里3遺跡は、勇払郡厚真町市街地から北東へ約5Km、厚真川左岸の段丘上に位置する。標高は約32mである。同じ段丘上の約500m西には富里2位s系、約700m南南東にはニタップナイ遺跡がある。  樽前Cテフラより上位の包含層(3層)は多くが削平されていたが、調査区北側際でアイヌ文化期のものと思われる灰集中1か所と漆椀の塗膜片が出土した。このほか包含層からは礫等が出土している。  樽前Cテフラより下位(5層)では、旧河道による攪乱や水成堆積がみられた。遺構は、柱穴状小土坑2基、Tピット1基である。  総遺物点数は、縄文土器片416点(うち晩期372点)、石器411点、礫・礫片394点、計1,221点である。  また、近・現代のものと思われる柱穴状小土坑19基を記録した。 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 108
File download : 36

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events