Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
21971 件
( 前年度比 + 819 件 )
( 発行機関数 429 機関 )

渕ヶ沢遺跡 (第2分冊)

URL http://sitereports.nabunken.go.jp/21903
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21903
ファイル
書名 渕ヶ沢遺跡 (第2分冊)
書名かな ふちがさわいせき (だいにぶんさつ)
副書名 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 沼津市ー11
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 30
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20130325
作成機関ID
郵便番号 4228002
電話番号 0542624261
住所 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 渕ヶ沢遺跡
遺跡名かな ふちがさわいせき
本内順位
遺跡所在地 静岡県沼津市根古屋字鎌ヶ沢、鎌沢外
所在地ふりがな しずおかけんぬまづしねごやあざかまがさわ、かまざわほか
市町村コード 22203
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 350855
東経(世界測地系) 1384833
調査期間
19990901-20081031
調査面積
42651
調査原因 第二東名建設事業
種別
散布地
主な時代 弥生、中世、近世
主な遺構 土坑、焼土、溝
主な遺物
特記事項
要約

 弥生時代以降の遺構は土坑69基、焼土3基、溝状遺構6基である。土坑はいわゆる「中世土坑」と呼ばれる浅い円形土坑が多く、なだらかな尾根状の斜面にまとまって検出された箇所もあった。溝は谷筋に沿って掘削されており、断面は浅い皿状を呈する。19号焼土で石鏃の出土が見られたが、覆土は二次堆積と判断された。いずれの遺構も供伴遺物が乏しく、時期の特定は困難であった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 53
ファイルダウンロード数 : 20

全国のイベント

内容が似ている報告書