奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
28947 件
( 発行機関数 568 機関 )
現在の書誌登録数
89318 件
( 前年度比 + 1301 件 )
( 発行機関数 1744 機関 )
現在の遺跡抄録件数
137444 件
( 前年度比 + 1758 件 )
現在の文化財論文件数
15212 件
( 前年度比 + 14395 件 )
現在の文化財動画件数
489 件
( 前年度比 + 79 件 )
( 登録機関数 55 機関 )
文化財イベント件数
531 件
( 前年度比 + 23 件 )
※過去開催分含む

三重県
三重県明和町 宇爾櫻神社 天王踊

三重県多気郡明和町宇爾櫻神社の天王祭(例祭)で奉納される「天王踊」。疫病追放、五穀豊穣、氏子安全などを願って行われる。別名「有爾中かんこ踊り」ともいわれている。
起源は江戸時代の中頃とされるが、伝え聞くところによれば、練習風景を見せず、、書き物をせず、口伝えのみで受け継がれてきたため、近世以前の資料は残されていない。
明治41年の神社合祀以降中断されていたが、地区に残されている関係資料には、「宇示中青年團復興第一回天王踊昭和十二年度」と記されていることから昭和12年に村人の敬神の熱意から復活している。その後、踊りが年々盛大となり、昭和31年には伊勢神宮へ奉納。しかし昭和35年には踊り子不足で中止となり、昭和57年に神社が宮建ちされたのを機に22年ぶりに復活。以降、毎年行われるようになり、現在は有爾中天王踊保存会が中心となって、踊りの奉納と保存活動が行われている(平成29年は休止)。昭和60年「宇爾櫻神社かんこ踊り」として明和町の無形民俗文化財に指定されている。
本記録動画は、文化庁の補助を得て、令和元年度に実施されたものを記録し、明和町日本遺産活用推進協議会が作成しました。
データ登録機関 : 明和町
文化財所在地 : 三重県
動画種別 : 文化財紹介・解説
対象 : 子供向け
文化財種別 : 無形民俗文化財
総覧登録日 : 2020-09-07
wikipedia 出典テンプレート : {{cite video ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{cite video|title=三重県明和町 宇爾櫻神社 天王踊|url=https://www.youtube.com/watch?v=my3WWenDmtE|publisher=明和町}} 閉じる
このエントリーをはてなブックマークに追加