Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の書誌登録数
23324 件
( 前年度比 + 2175 件 )
( 発行機関数 438 機関 )
現在の遺跡抄録件数
40502 件
( 前年度比 + 4046 件 )

静間城跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/22471
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.22471
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 静間城跡
書名かな しずまじょうあと
副書名
巻次
シリーズ名 一般国道9号(大田静間道路)改築工事に伴う埋蔵文化財調査報告書
シリーズ番号
編著者名
編集機関
島根県教育庁埋蔵文化財調査センター
発行機関
島根県教育庁埋蔵文化財調査センター
発行年月日 20180622
作成機関ID
郵便番号 6900131
電話番号 0852368608
住所 島根県松江市打出町33
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
所収遺跡
遺跡名 静間城跡
遺跡名かな しずまじょうあと
本内順位
遺跡所在地 島根県大田市静間町
所在地ふりがな しまねけんおおだししずまちょう
市町村コード 32205
遺跡番号 A387
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 351212
東経(世界測地系) 1322758
調査期間
20160520-20161212
調査面積
4800
調査原因 道路建設
遺跡概要
種別
時代
古墳
中世(細分不明)
主な遺構
掘立柱建物跡
礎石建物
土塁
竪穴建物
加工段
主な遺物
土師器
土師質土器
貿易陶磁器
国産陶器
金属製品
石製品
須恵器
特記事項 山城全域を発掘調査し県内初の事例
要約 静間城跡は標高約27mの丘陵上に築かれた山城である。主郭と北郭の2箇所の郭で構成され、掘立柱建物や礎石建物が多数検出されている。掘立柱建物には両面または片面に庇を伴う大型の建物が存在していることから、丘陵上に築かれた居館的な居住空間を兼ね備えた山城と言える。遺物には国産陶器の他に青磁や白磁などの貿易陶磁も多量に出土しており、遺物の年代観から15世紀後葉~16世紀前葉頃の山城と考えられる。
また、主郭東側と北郭では中世遺構面の下層から古墳時代の竪穴建物と加工段が検出されている。
上記のことから、古墳時代から中世までこの丘陵が集落等として利用されてきたことが判明した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 123
ファイルダウンロード数 : 109

全国のイベント

内容が似ている報告書