奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
27147 件
( 発行機関数 530 機関 )
現在の書誌登録数
86903 件
( 前年度比 + 18266 件 )
( 発行機関数 1726 機関 )
現在の遺跡抄録件数
135919 件
( 前年度比 + 4762 件 )
現在の文化財動画件数
349 件
( 前年度比 + 349 件 )
( 登録機関数 36 機関 )
文化財イベント件数
489 件
( 前年度比 + 74 件 )
※過去開催分含む

伊古遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/46581
引用表記 雲仙市教育委員会 2008 『雲仙市文化財調査報告書(概報)5:伊古遺跡』雲仙市教育委員会
雲仙市教育委員会 2008 『伊古遺跡』雲仙市文化財調査報告書(概報)5
ファイル
3次元画像
書名 伊古遺跡
発行(管理)機関 雲仙市 - 長崎県
書名かな いこいせき
副書名 中世編
巻次
シリーズ名 雲仙市文化財調査報告書(概報)
シリーズ番号 5
編著者名
編集機関
雲仙市教育委員会
発行機関
雲仙市教育委員会
発行年月日 20080331
作成機関ID
郵便番号 854-0492
電話番号 0957-37-3113
住所 長崎県雲仙市千々石町戊582
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 伊古遺跡
遺跡名かな いこいせき
本内順位 1
遺跡所在地 長崎県雲仙市瑞穂町西郷伊古名
所在地ふりがな ながさきけんうんぜんしみずほちょうさいごういこみょう
市町村コード 42213
遺跡番号 33-3/85-60
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 325157
東経(世界測地系)度分秒 1301440
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 32.865833 130.244444
調査期間
20060420-20070320
調査面積(㎡)
4100
調査原因 圃場整備
遺跡概要
種別
散布地
時代
縄文
主な遺構
石器集中
主な遺物
特記事項 今回は、中世について報告するので主な遺物には縄文時代草創期・弥生時代・古墳時代を除く。


種別:包含地
主な時代:縄文草創期
種別
散布地
時代
弥生
主な遺構
土坑
柱穴群
ウッドサークル
主な遺物
特記事項 種別:包含地
種別
散布地
時代
古墳
主な遺構
主な遺物
土師質土器
特記事項 種別:包含地
種別
散布地
時代
中世(細分不明)
主な遺構
主な遺物
青磁
白磁
石鍋
瓦器椀
特記事項 種別:包含地
遺跡名 伊古遺跡
遺跡名かな いこいせき
本内順位 2
遺跡所在地 長崎県雲仙市瑞穂町西郷伊古名
所在地ふりがな ながさきけんうんぜんしみずほちょうさいごういこみょう
市町村コード 42213
遺跡番号 33-3/85-60
北緯(日本測地系)度分秒 325157
東経(日本測地系)度分秒 1301440
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 32.8692 130.2422
調査期間
20060420-20070320
調査面積(㎡)
4100
調査原因 圃場整備
遺跡概要
種別
散布地
時代
縄文
主な遺構
石器集中地点
主な遺物
特記事項 今回は,中世について報告するので主な遺物には縄文時代草創期・弥生時代・古墳時代を除く。


種別:包含地
主な時代:縄文草創期
種別
散布地
時代
弥生
主な遺構
土坑
柱穴群
ウッドサークル
主な遺物
特記事項 種別:包含地
種別
散布地
時代
古墳
主な遺構
主な遺物
土師質土器
特記事項 種別:包含地
種別
散布地
時代
中世(細分不明)
主な遺構
主な遺物
青磁
白磁
石鍋
瓦器椀
特記事項 種別:包含地
要約 [伊古遺跡 要約]
伊古遺跡は,島原半島北側に広がる雲仙普賢岳の麓扇状台地上に位置し,西には西郷川が流れ,東には比高差5mほどの舌状丘陵がのびる,水田地帯にあたる。細石器集中地点が検出されたのは,まさに丘陵崖下の伊古遺跡D2区北東部分である。マイクロ・コアやマイクロ・ブレイドやチップなど約1550点を超える土層堆積がみられ,黒曜石の石器の様相から縄文時代草創期と想定できる。他の区にも縄文時代,弥生時代,中世と石器の包含がみられるが,遺構には伴っておらず,伊古遺跡D2区の崖下脇に奇跡的に石器が集中する文化層が残存している。また,伊古遺跡C区の丘陵下には,中世の墓域の下層より,龍泉窯系青磁椀の副葬品が出土し,貿易が盛んに行われていたことが,旧河川堆積跡が検出された伊古遺跡D2区,D3区,D4区,D5区,D6区の遺跡からも見て取られる。伊古遺跡D6区の旧河川堆積跡の岸辺には,土師器の祭祀遺構や竪穴状遺構が検出され,伊古遺跡E区には,道路状遺構や製鉄炉跡が検出されている。その他,弥生時代の包含層として,伊古遺跡H区に木製品水漬遺構(ウッドサークル),伊古遺跡I区に環濠などの遺構や伊古遺跡F区に3基の甕棺やすべての調査区全体的に壷・甕・高杯・管玉・勾玉・鏡などの遺物が豊富に出土している。古墳時代の包含層として,伊古遺跡G区旧河川堆積跡より,銀環・須恵器の杯・蓋などが出土している。本書は,今回中世の遺構および遺物の出土状況を報告するにとどまっているが,伊古遺跡は,縄文時代草創期から,弥生時代,古墳時代,中世と複合している遺跡であり,その遺構・遺物の多さからも極めて重要かつ島原半島の古代人の生活を知る上で最も手がかりとなる地域であり,周辺遺跡や類以例などを踏まえ,さらなる分析・検討を行う必要性がある。
[伊古遺跡 要約]
【要約】伊古遺跡は,島原半島北側に広がる雲仙普賢岳の麓扇状台地上に位置し,西には西郷川が流れ,東には比高差5mほどの舌状丘陵がのびる,水田地帯にあたる。細石器集中地点が検出されたのは,まさに丘陵崖下の伊古遺跡D2区北東部分である。マイクロ・コアやマイクロ・ブレイドやチップなど約1550点を超える土層堆積がみられ,黒曜石の石器の様相から縄文時代草創期と想定できる。他の区にも縄文時代,弥生時代,中世と石器の包含がみられるが,遺構には伴っておらず,伊古遺跡D2区の崖下脇に奇跡的に石器が集中する文化層が残存している。また,伊古遺跡C区の丘陵下には,中世の墓域の下層より,龍泉窯系青磁椀の副葬品が出土し,貿易が盛んに行われていたことが,旧河川堆積跡が検出された伊古遺跡D2区,D3区,D4区,D5区,D6区の遺跡からも見て取られる。伊古遺跡D6区の旧河川堆積跡の岸辺には,土師器の祭祀遺構や竪穴状遺構が検出され,伊古遺跡E区には,道路状遺構や製鉄炉跡が検出されている。その他,弥生時代の包含層として,伊古遺跡H区に木製品水漬遺構(ウッドサークル),伊古遺跡I区に環濠などの遺構や伊古遺跡F区に3基の甕棺やすべての調査区全体的に壷・甕・高杯・管玉・勾玉・鏡などの遺物が豊富に出土している。古墳時代の包含層として,伊古遺跡G区旧河川堆積跡より,銀環・須恵器の杯・蓋などが出土している。本書は,今回中世の遺構および遺物の出土状況を報告するにとどまっているが,伊古遺跡は,縄文時代草創期から,弥生時代,古墳時代,中世と複合している遺跡であり,その遺構・遺物の多さからも極めて重要かつ島原半島の古代人の生活を知る上で最も手がかりとなる地域であり,周辺遺跡や類以例などを踏まえ,さらなる分析・検討を行う必要性がある。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 60
ファイルダウンロード数 : 0

全国のイベント

外部出力