奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
32572 件
( 発行機関数 631 機関 )
現在の書誌登録数
125187 件
( 前年度比 + 13411 件 )
( 発行機関数 1873 機関 )
現在の遺跡抄録件数
140861 件
( 前年度比 + 1860 件 )
現在の文化財論文件数
117071 件
( 前年度比 + 93461 件 )
現在の文化財動画件数
828 件
( 前年度比 + 53 件 )
( 登録機関数 81 機関 )
文化財イベント件数
667 件
( 前年度比 + 48 件 )
※過去開催分含む

吹越(2)遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/122089
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.122089
引用表記 青森県埋蔵文化財調査センター 2022 『青森県埋蔵文化財調査報告書628:吹越(2)遺跡』青森県教育委員会
青森県埋蔵文化財調査センター 2022 『吹越(2)遺跡』青森県埋蔵文化財調査報告書628
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=浩平|last=小山|title=吹越(2)遺跡|origdate=2022-03-16|date=2022-03-16|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/122089|location=青森県青森市大字新城字天田内152-15|doi=10.24484/sitereports.122089|series=青森県埋蔵文化財調査報告書|volume=628}} 閉じる
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 吹越(2)遺跡
発行(管理)機関 青森県埋蔵文化財調査センター - 青森県
書名かな ふっこしかっこにいせき
副書名 国道279号横浜南バイパス道路改築事業に伴う遺跡発掘調査報告
巻次
シリーズ名 青森県埋蔵文化財調査報告書
シリーズ番号 628
編著者名
編集機関
青森県埋蔵文化財調査センター
発行機関
青森県教育委員会
発行年月日 20220316
作成機関ID
郵便番号 0380042
電話番号 0177885701
住所 青森県青森市大字新城字天田内152-15
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
タイトル 第4章 総括
英語タイトル
著者
小山 浩平
ページ範囲 18 -
NAID
都道府県 青森県
時代 縄文
文化財種別 考古資料
遺跡種別 その他の生産遺跡
遺物(材質分類) 石器
学問種別 考古学
テーマ
他の電子リソース
引用表記
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=浩平|last=小山|contribution=第4章 総括|title=吹越(2)遺跡|date=2022-03-16|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/122089|location=青森県青森市大字新城字天田内152-15|doi=10.24484/sitereports.122089|series=青森県埋蔵文化財調査報告書|volume=628}} 閉じる
抄録(内容要約)
所収遺跡
遺跡名 吹越(2)遺跡
遺跡名かな ふっこしかっこにいせき
本内順位
遺跡所在地 青森県上北郡横浜町字吹越地内
所在地ふりがな あおもりけんかみきたぐんよこはままちあざふっこしちない
市町村コード 02406
遺跡番号 406030
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 410130
東経(世界測地系)度分秒 1411525
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 41.025 141.256944
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
調査期間
20200507-20200626
調査面積(㎡)
3500
調査原因 記録保存調査
遺跡概要
種別
その他の生産遺跡
時代
縄文
主な遺構
溝状土坑
主な遺物
磨製石斧
特記事項
要約  吹越(2)遺跡は、吹越川南岸の標高約40m付近の河岸段丘上に立地している。調査の結果、10基の溝状土坑と破損した磨製石斧1点が出土し、縄文時代に本遺跡周辺が狩猟場であったと考えられる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 64
ファイルダウンロード数 : 39

全国のイベント

外部出力