Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22520 件
( 前年度比 + 1370 件 )
( 発行機関数 432 機関 )
2018-10-06 〜 2018-11-11 山形県
遊佐町

シンポジウム「縄文時代の"遊佐ごっつぉ"」・ミニ企画展「小山崎縄文人の食卓ー"遊佐ごっつぉ"のルーツをたどってー」

小山崎遺跡は、鳥海山・牛渡川・日本海と豊かな自然に囲まれています。

平成七年に調査が始まると、ぬかるんだ田んぼの下から、
縄文人が食べた木の実や動物の骨が大量に発見されました。
鳥海山の冷たい湧水に護られて残ったそれらは、小山崎縄文人が、
立地を生かして得た豊富な食材で調理していたことを教えてくれます。

展示関連イベントとして、シンポジウム「縄文時代の"遊佐ごっつぉ"」を行います。
日時:平成30年10月20日
時間:午後1時~午後5時(1時~2時:展示解説 2時~5時:シンポジウム)
会場:鳥海温泉遊楽里 鳥海文化ホール(山形県飽海郡遊佐町吹浦字西浜2-76 TEL:0234-77-3711)
内容:
・小山崎縄文人が食べた「遊佐のごっつぉ(ごちそう)」
・縄文時代の"おかって(台所)"は?~縄文の調理場とは~
・小山崎遺跡とサケが遡上する牛渡川~東北の縄文文化を支えた「サケ」~

●コーディネーター
岡村道雄
●パネラー
鈴木三男/渋谷孝雄/小林克/吉川純子
Banner
主催遊佐町教育委員会
連絡先
遊佐町教育委員会 文化係
TEL:0234-72-5892
FAX:0234-72-3313
E-mail:bunka@town.yuza.lg.jp
〒999-8301 山形県飽海郡遊佐町遊佐字舞鶴211番地
このエントリーをはてなブックマークに追加

内容が似ている報告書