奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
26607 件
( 発行機関数 524 機関 )
現在の書誌登録数
84651 件
( 前年度比 + 15982 件 )
( 発行機関数 1764 機関 )
現在の遺跡抄録件数
135194 件
( 前年度比 + 4120 件 )
現在の文化財動画件数
295 件
( 前年度比 + 295 件 )
( 登録機関数 32 機関 )

史跡 穆佐城跡1

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/8153
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.8153
引用表記 宮崎市教育委員会 2013 『宮崎市文化財調査報告書94:史跡 穆佐城跡1』宮崎市教育委員会
宮崎市教育委員会 2013 『史跡 穆佐城跡1』宮崎市文化財調査報告書94
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 史跡 穆佐城跡1
書名かな しせき むかさじょうあと1
副書名 穆佐城跡保存整備事業に伴う発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 宮崎市文化財調査報告書
シリーズ番号 94
編著者名
編集機関
宮崎市教育委員会
発行機関
宮崎市教育委員会
発行年月日 20130329
作成機関ID
郵便番号 880-0805
電話番号
住所 宮崎市橘通東1丁目14番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 穆佐城跡 曲輪20
遺跡名かな むかさじょうあと くるわ20
本内順位
遺跡所在地 宮崎市高岡町小山田
所在地ふりがな みやざきしたかおかちょうおやまだ
市町村コード 45201
遺跡番号 33-031
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 315600
東経(世界測地系)度分秒 1311932
調査期間
20070312-20070329
20071009-20080318
調査面積(㎡)
176
調査原因 保存整備
遺跡概要
種別
城館
時代
中世(細分不明)
主な遺構
土坑
曲輪内区画
主な遺物
白磁
青磁
青花
備前
中国産陶器
鉄鏃
銭貨
特記事項 造成により曲輪内の改変を行いながら利用していたことが明らかとなった。遺構面は調査対象範囲内で3面確認されてる。各遺構面において土坑、ピット、溝等の遺構が検出されている。最終的な造成において、曲輪内の区画のための段が埋め戻されている。また同時期に堀を埋め戻した可能性もある。
遺跡名 穆佐城跡 曲輪7
遺跡名かな むかさじょうあと くるわ7
本内順位
遺跡所在地 宮崎市高岡町小山田
所在地ふりがな みやざきしたかおかちょうおやまだ
市町村コード 45201
遺跡番号 33-011
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 315600
東経(世界測地系)度分秒 1311925
調査期間
20081008-20090312
20090625-20091201
調査面積(㎡)
1069
調査原因 保存整備
遺跡概要
種別
城館
時代
中世(細分不明)
主な遺構
土坑
出入口
通路状遺構
主な遺物
白磁
青磁
青花
備前
中国産陶器
鉄鎌
銭貨
特記事項 大型の掘立柱建物、曲輪中央に配置された通路を兼ねた堀、多数の土坑、ピットなどを検出した。曲輪の南東端では、2時期の出入口が確認され、古い段階のものは16世紀後半に埋め戻され、その上に新しい出入口が築かれていた事が明らかとなった。また曲輪西端にある土塁の構築方法の調査も行った。
遺跡名 穆佐城跡 曲輪8
遺跡名かな むかさじょうあと くるわ8
本内順位
遺跡所在地 宮崎市高岡町小山田
所在地ふりがな みやざきしたかおかちょうおやまだ
市町村コード 45201
遺跡番号 33-011
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 315600
東経(世界測地系)度分秒 1311925
調査期間
20101124-20110316
20111109-20120329
調査面積(㎡)
903
調査原因 保存整備
遺跡概要
種別
城館
時代
中世(細分不明)
主な遺構
土坑
通路状遺構
主な遺物
白磁
青磁
青花
五彩
華南三彩
中国産陶器
茶臼
刀の縁
特記事項 多数の土坑、ピット、溝等を検出した。曲輪7との間の斜面では、2カ所において通路が確認できた。内1カ所では階段状遺構によって両曲輪が結ばれていた事が明らかとなった。調査を行った他の曲輪と比較すると遺物量が多く、特に茶臼や天目茶碗など茶に関する遺物が目立つ状況であった。ただし、破城の際に曲輪7から転落してきたものが含まれる可能性があることから注意が必要である。
要約
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 225
ファイルダウンロード数 : 272

全国のイベント

外部出力

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント