奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
28947 件
( 発行機関数 568 機関 )
現在の書誌登録数
89318 件
( 前年度比 + 1301 件 )
( 発行機関数 1744 機関 )
現在の遺跡抄録件数
137444 件
( 前年度比 + 1758 件 )
現在の文化財論文件数
15212 件
( 前年度比 + 14395 件 )
現在の文化財動画件数
489 件
( 前年度比 + 79 件 )
( 登録機関数 55 機関 )
文化財イベント件数
531 件
( 前年度比 + 23 件 )
※過去開催分含む

家田古墳群・家田城跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/3111
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.3111
引用表記 宮崎県埋蔵文化財センター 2011 『宮崎県埋蔵文化財センター発掘調査報告書198:家田古墳群・家田城跡』宮崎県埋蔵文化財センター
宮崎県埋蔵文化財センター 2011 『家田古墳群・家田城跡』宮崎県埋蔵文化財センター発掘調査報告書198
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=博之|last=飯田|first2=晴子|last2=柳田|first3=晴菜|last3=石津|first4=航|last4=早瀬|title=家田古墳群・家田城跡|origdate=2011-03-18|date=2011-03-18|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/3111|location=宮崎県宮崎市佐土原町下那珂4019|ncid=BB05459440|doi=10.24484/sitereports.3111|series=宮崎県埋蔵文化財センター発掘調査報告書|volume=198}} 閉じる
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 家田古墳群・家田城跡
発行(管理)機関 宮崎県教育委員会 - 宮崎県
書名かな えだこふんぐん・えだじょうあと
副書名 東九州自動車道(県境~北川間)建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書3
巻次
シリーズ名 宮崎県埋蔵文化財センター発掘調査報告書
シリーズ番号 198
編著者名
編集機関
宮崎県埋蔵文化財センター
発行機関
宮崎県埋蔵文化財センター
発行年月日 20110318
作成機関ID 45000
郵便番号 880-0212
電話番号 0985-36-1171
住所 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂4019
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
所収遺跡
遺跡名 家田古墳群
遺跡名かな えだこふんぐん
本内順位
遺跡所在地 宮崎県延岡市北川町長井字大門
所在地ふりがな のべおかしきたがわちょうながいあざだいもん
市町村コード 45203
遺跡番号
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 324019
東経(世界測地系)度分秒 1314252
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 32.671944 131.714444
調査期間
20090701-20091127
調査面積(㎡)
4100
調査原因 記録保存調査
遺跡概要
種別
時代
古墳
主な遺構
区画溝
主な遺物
鉄剣
鉄鏃
刀子
土師器壺
土師器高坏
特記事項 礫主体で構成された墳丘と各古墳間で共有する区画溝を有する。副葬品として多数の鉄製品が出土しており、中期前半を示すセット関係を持つ鉄鏃束が特徴的である。
遺跡名 家田城跡
遺跡名かな えだじょうあと
本内順位
遺跡所在地 宮崎県延岡市北川町長井字大門
所在地ふりがな のべおかしきたがわちょうながいあざだいもん
市町村コード 45203
遺跡番号
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 324019
東経(世界測地系)度分秒 1314252
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 32.671944 131.714444
調査期間
20090701-20091127
調査面積(㎡)
4100
調査原因 記録保存調査
遺跡概要
種別
城館
時代
中世(細分不明)
主な遺構
山城
曲輪
犬走り状遺構
主な遺物
火打石
白磁片
特記事項 細長い尾根上に配置された曲輪群は古墳を改築して築かれている。西側斜面に廻る犬走り状遺構は主郭部にまで伸びる可能性がある。遺物は白磁片と火打石がそれぞれ1点のみ。
要約
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 239
ファイルダウンロード数 : 559

全国のイベント

外部出力