Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22511 件
( 前年度比 + 1361 件 )
( 発行機関数 432 機関 )

荒神谷遺跡発掘調査概報 2 銅鐸・銅矛出土地

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/2734
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.2734
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 荒神谷遺跡発掘調査概報 2 銅鐸・銅矛出土地
書名かな こうじんだにいせきはっくつちょうさがいほう
副書名
巻次
シリーズ名
シリーズ番号
編著者名
編集機関
発行機関
島根県教育委員会
発行年月日 19860300
作成機関ID 32000
郵便番号
電話番号
住所
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 荒神谷遺跡
遺跡名かな こうじんだにいせき
本内順位
遺跡所在地 簸川郡 斐川町 神庭 西谷
所在地ふりがな
市町村コード 32401
遺跡番号 斐川124
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 132.8525
東経(世界測地系) 35.37671
調査期間
調査面積
調査原因
種別
主な時代
主な遺構
主な遺物
特記事項  青銅器埋納遺跡。  宍道湖南西側の低い丘陵にはさまれた小さな谷あいにある。  1984年7月、発掘調査で358本の銅剣が出土した。それまで日本で発掘された銅剣の総数は約300本で、1ヶ所からこれをこえる数が出土したことで、考古学の常識をくつがえす大発見となった。  よく年の1985年には、銅剣が出土した場所から約7メートルはなれたところで、6個の銅鐸、16本の銅矛が出土した。
要約

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 453
ファイルダウンロード数 : 182

全国のイベント

内容が似ている報告書